折り鶴みたい(?)な水晶宮2008/10/03 01:17

Iceberg&守矢史料館
 『建築史的モンダイ』(藤森照信著)を読んでいたら、次のような記述があった。
パクストンはガラスを折り鶴みたいに凹凸させて使い、水晶みたいだから水晶宮と呼ばれたわけだ
 1851年の万国博覧会会場に建てられた、ジョセフ・パクストン設計の鉄骨とガラスの建築・「水晶宮」に関する話である。「折り鶴みたいに」は、「折り紙みたいに」というところを、ちょっとひねって表現しただけと思われる。
 藤森さんの本を読んだのは、先週、小海町高原美術館で開催中の「藤森照信建築展」を観て、その脚で、八ヶ岳の麦草峠を越え、茅野市にある藤森さん設計の神長官守矢史料館(写真右)も観てきたからである。同史料館は、道祖神と関係の深いミシャグチ信仰の史料館としても興味があったのだが(前にもちょっと触れた御頭祭の展示があり、これはインパクトがあった)、建築としても、噂に違わない見所満載の物件だった。

 折り紙的なガラス建築と言えば、原宿のThe Iceberg(CDI青山スタジオ設計)なるものもある(写真左)。外車のショールームとか洒落た美容院とか、縁のない店ばかりだったが、今年の1月、中にもはいって、エレベーターにも乗ってきた。感想は、「やりすぎじゃないの、やっぱり」であった。一方、神長官守矢史料館は別の意味でやりすぎなのだが、気持ちよい建物だった。
 ちなみに、小海町高原美術館も世界のアンドー・安藤忠雄さんの設計である。

鱗紋の球体2008/10/04 00:24

新宿の球体
 新宿西口に竣工間近のコクーンタワー(丹下都市建築設計)は、奇妙な建築が多い東京でも異彩を放っている。メインタワーの造形と意匠もかなり過剰だが、おすすめは、新宿郵便局横の路地からの球体低層棟の眺めだ。白黒の鱗紋に覆われた球体は、街中に突如表れた万博のパビリオンというか、日常に隣接する非日常の雰囲気を醸し出している。

 しっかし、あの展開で負けるか、阪神タイガース。まあ、でも、これが、「わたしの阪神タイガース」なんだよなあと、妙に納得しているところも。

TOD'S表参道2008/10/07 00:55

TOD'S表参道
 このブログ、突然、建築散歩になっている。

「かたち好事家」として惹かれる建築をつくっている建築家に、伊東豊雄さんがいる。写真は、TOD'S表参道という商業ビルで、冬枯れの樹と壁面の意匠の対比が、なかなかよい風に撮れた。(2008.1撮影)まあ、カメラアングルを選ばないと、かっこいい建築も電信柱と電線に埋もれた景色になるのがトーキョーという街なので、ある種、美化した画(え)だけれど。
 『けんちく世界をめぐる10の冒険』(伊東豊雄建築塾)という本も面白い。表紙のアイコンが内容を説明している装丁も見事。版型が正方形というのも、折紙者的にはうらやましい。

ノーベル賞2008/10/07 22:04

 いつ受賞しても不思議のなかった天才・南部陽一郎さんが、自発的対称性の破れの理論で、CP対称性の破れの理論の小林誠さん益川敏英さんと共にノーベル賞受賞。
 わたしは物理科を出たというだけの物理周辺技術者、というか物理好きに過ぎないので、概念を類推的に拡大してしまうが、「自発的対称性の破れ」という考えかたの射程の長さは半端ではないという印象がある。
 そして、偉いひとは才能を見抜くという話。5月の伏見康治先生の告別式で、南部先生の弔電が読まれたのだが、学生時代に伏見先生に励まされたという思い出を綴ったものだった。よい話だった。
 しかし、「いまさらの」受賞は、なんなのだろう。稼働し始めたCERNの加速器・LHCが成果を出す(出ればいいけれど)前祝いか?

折り紙を携えて。2008/10/10 23:25

 梨木香歩さんのエッセイ・『ぐるりのこと』を読んでいたら、折り紙に関するエピソードに遭遇した。折り紙の話題を探して読書をしているわけではないのだが、最近、読む本の数冊に一冊の割合で折り紙が登場する感じがある。まあ、どこか「折り紙の匂い」のする本を探しているような気がしなくもない。
 その内容は、以下のようなもの。
 ポーランドに戒厳令が敷かれ、亡命者が続出していた80年代、梨木さんは、ベルリンから乗った列車で、着の身着のままで逃れてきたらしい、不安にふるえているかのような母子と同席になる。
列車の振動音だけが空しく続く。窓の外は雪に覆われた東独の大地。私はバッグから折り紙の束を取りだした。そしてゆっくりツルを折る。最初は何事か、とちらちら見ていた子どもたちも、できあがったツルを手渡されると、眼を輝かせる。母親の顔にも疲れた笑顔が浮かぶ。それから、目的地に着くまで、私は黙って延々折り紙を折り続けた。
 無力感の中で、淡いコミュケーションの役割を担った折り鶴、という描写だ。そして、同書中には、千羽鶴に対しての以下のような文もある。
始めてすぐに、黙々と単純作業を繰り返す、これは、ほとんど意識を違う次元に持って行く、メディテーションの一種のようなものなのだと感じた。
 千羽鶴に「独りよがりの押し付けがましさ」も感じていた梨木さんが、折り鶴を折る中で、じっさいに手を動かすことによるちいさな祈りのようなものを実感する、という文脈の一文である。
 一方わたしは、折り紙を折っているときに無為の境地になることはまずない。造形や色彩や幾何学、紙の物性といったものへの感受性、自己批評といった意識から逃れられない。たとえ何度も折った折り鶴のようなモデルの反復であっても、折る行為にはいったとき、「邪念」が抜き難く生まれる。紙を折ることが、意識の深い部分への潜行になる感覚は少なからず持っているが、「千羽鶴瞑想法」「千羽鶴禅」はわたしには不可能である。単純な反復による瞑想ということでは、突然妙なたとえに飛ぶが、山盛りになったサヤエンドウのスジを取るときの感覚が、これに近いのかもしれない…と、ずっと昔の子どものときの手伝いを思い出した。

 いずれにしても、梨木さんにとって、折り紙は、手作業の象徴として重要なもののようだ。文庫本に解説文を寄せている最相葉月さんもそれを感じとったようで、次のように書いている。
 生まれたとき、動物にもモノにも人にも、互いに隔たりはなかった。それぞれの時間のなかで、境界は取り付けられた。その境界を乗り越えるはたらきが、物語にはある。梨木さんは、その物語をつかむため今日も旅に出るのだろう。折り紙を携えて。


阪神タイガース、力尽く。水道橋のチームの大逆転というけれど、戦力を考えれば、タイガースがよく頑張ったのだ。じつに口惜しいけれど、1日3時間という阪神タイガースの応援から解放されて、ほっとしたようなところがなくもない。ポストシーズンは気楽に応援しよう。

メンガーのスポンジ2008/10/14 20:17

メンガーのスポンジ
 折り紙の著作権に関する会議への参加で来日していた、フランスの折り紙作家・ニコラス・テリーさんが、穴の空いたルービックキューブ(写真左)を持っていた。(なお、山口真さん主催による同会議には、わたしも参加した。中身の濃い会議だった)
 さて。この穴空きルービックキューブは、商品名を「ボイドキューブ」というらしいが、わたしはこれを、「ルービック・メンガー・スポンジ ステップ1」(!)と呼びたい。なんとも仰々しい呼び名だけれど、次のようなことである。立方体に穴を空けることを繰り返すことで得られるフラクタル図形に、メンガーのスポンジというものがある。(メンジャーという表記もあるが、オーストリア人なので、「メンガー」がより相応しいだろう) 残った立方体の部分にどんどん小さな穴を空けていくことになるのだが、このルービックキューブのかたちは、その第1段階、すなわち「ステップ1」なのである。
 ルービックキューブには、30年前の登場以来、様々なバリエーションが生まれたが、穴を空けるという発想には意表をつかれた。ルービックキューブの兄弟の中では、本家を除けば最高傑作じゃないだろうか。
 メンガーのスポンジと言えば、一昨年の折り紙の科学・数学・教育国際会議のときには、ジニー・モズリーさんが大量の名刺でつくったオブジェも観た。写真右がそれだ。
 何年か前に一般紙でも報道された、大阪大学・宮本研究室と信州大学・武田研究室による「フォトニック・フラクタル」もメンガーのスポンジだった。実に面白い(某ドラマ風)

ルービックキューブ2008/10/19 10:11

ルービックキューブ
 ルービックキューブが日本で発売され、初めて挑戦した1980年頃の写真である。なんか面白いので、手元にとってあったものだ。白面の書生というか、青二才というか、写真の兄ちゃんは、いまと人相(特に額の広さ)が違うけれど、二十歳ぐらいのわたしである。30年経つと自分という気がしない。左の完成前は、自信満々。パジャマを着ているので、深夜近くだろう。右の完成時は、窓の外の空が白み、寝ぼけ眼になっている。5・6時間はかかったということだ。組み写真として笑える。

『容疑者Xの献身』2008/10/21 00:49

 先日、『容疑者Xの献身』(東野圭吾原作、西谷弘監督)を観てきた。大ベストセラー小説の映像化で、映画もヒット中なので、感想を書くのは、屋上屋を架す類いだが、涙を絞る作品、秀逸なサスペンスという面をあえて無視し、このブログに即して、数学ファンの視点で少し書いてみたい。(ストーリー的には、一点だけ、この物語で最も絶望的な孤独の淵に接したのは誰かを考えてみるのも悪くない、と書いておこう)

 さて。原作は、シリーズともども、出版されてすぐに読んだ。わたしは、ミステリを「気持ちよく騙されよう」ではなく「解こう」として読んでしまう癖(へき)があるので、仕掛けは早い段階でわかった。ストーリーテリングに感情をゆだねながらも、伏線を確認する読みかたである。よくできたミステリはネタが割れても面白い。そんな読みかたであっても、読み手は、作者の手のうちから大きくは外れていないし、外れようもない。そうした「作者と読み手」の相似形でもある「暗号と複号」「犯罪と捜査」に関連して、小説では、P≠NP予想が引き合いに出されていた。こうした数学ネタの衒学趣味が、この小説のひとつの味である。映画でも、それを示唆する台詞はあったが、P≠NP予想そのものへの言及はなかった。
 一方、「探偵」が旧友の力を試す「パズル」として、いきなり、リーマン予想の反証なるものが登場する。原作もそうだったと記憶するが、あまりにネタがでかい。まあ、ちらりと台詞にでる、ホッジ予想とか、ヤン-ミルズ方程式と質量ギャップなど、有名なミレニアム問題は、呪文めいた名前ともあいまって、登場人物の天才性を強調する小説的・映画的ケレンになるので、演出の王道とは言える。
 原作ではたしか、「数学はどこでもできる」という思想(あるいは幻想)を語るさいに、その象徴のひとつといえる、放浪の数学者・エルデシュの名があがっていたが、映画にこれがなかったのもちょっと残念だった。このほかに、「幾何とみせかけて関数」の台詞に、「位相幾何ではなく微分幾何」(ポアンカレ予想あらためポアンカレ定理の話:ミレニアム懸賞問題のひとつ)なんてのをかぶせれば、マニア(数学ファン)のウケはばっちりだったろう。
 いずれにせよ、ミステリに登場する数学や物理、たとえば、モリアティー教授の二項定理(!)とか、『僧正殺人事件』の相対論などよりは、ずっとそれらしい。わたしも「それらしい」しかわからないけれど。そもそも「マニア(数学ファン)のウケ」ってなんだかわからないぞ…。小説と違って「地の文」のない映画は、ごちゃごちゃ説明できないので、難しい注文である。
 作中で重要な定理(問題)は、四色定理である。これは、「なんだか難しそう」ということだけでは終わっておらず、「隣りと同じ色になってはいけない」という登場人物の孤独を象徴する演出の小道具になっていて、なかなかのアイデアだった。
 未解決問題ということなら、ゴールドバッハ予想なんかはどうだろう。
 「2より大きい偶数は2つの素数の和で表すことができる」
四色定理と同じく、問題の意味がわかりやすいぶん、詩や隠喩を感じることができる。雰囲気が『博士の愛した数式』になってしまうところがあり、映像的でもないが、これを使ったシーンを、想像してしてみた。

内海刑事「あの式は何ですか」
湯川「ゴールドバッハ予想を扱っていたのだろう。素数に関する未解決問題だ」
…(素数の説明)
内海刑事「つまり、素数って孤独な数ということですね」
湯川「面白いことを言うね。2より大きい偶数は2つの素数の和で表せるんだ。それが、ゴールドバッハ予想だ。予想ということは、証明はされていないということだよ」
内海刑事「素数と素数が結ばれるという話ですか」
 ベタである。
 なお、ゴールドバッハの予想をネタにしたものに、『ペトロス伯父と「ゴールドバッハの予想」』(アポストロス-ドキアディス著 酒井武志訳)という素晴らしい小説がすでにある。

危の中の螺旋2008/10/22 20:50

危の中の螺旋
 岡田前監督と阪神タイガースのことを考えると、頭の回路が浪花節になる。というようなことや、喫緊の締め切り作業がないことを言い訳にして、仕事にもその他の活動にもいまひとつ身がはいらず、ここ数日、ぐだぐだと読書などをしている時間が多い。

 今年のノーベル文学賞はル・クレジオ氏だったが、20年以上前、たしか『数』という題名の小説を読んだぞと思い、探してみた。『数』の著者は、フィリップ・ソレルス氏(岩崎力訳)だった。いま手元にないが、たしか、漢字を使ったタイポグラフィー的な実験をしている小説で、それが翻訳されているので、さらにややこしいことになっていたはずだ。
 タイポグラフィーから、文字に関するジャメビュ感覚に連想が飛んだ。見なれた文字が奇妙なものに見える心理現象である。この連想には、ちょうどいま、『プルーストとイカ-読書は脳をどのように変えるのか? 』(メアリアン・ウルフ著、小松淳子訳)という、読字障害のことを中心にして、文字を読むことに関する脳科学の知見を書いた本を読んでいるのも関係している。同書には、こんな引用もあった。
Yの字のなんと絵のように美しいことか。なんと無限の意味を秘めていることか、あなたは気付いているだろうか? その木もY、二本の道がぶつかる所もY、注ぎあう二本の川、ロバの頭と雄牛の頭、脚付のグラス、茎の上に咲き誇るユリの花、両腕を差し伸べる物乞い、どれもYだ。人間が考えだした文字の要素を成している万物に、同じことが言える。
(ヴィクトル・ユーゴー)
 まだ読みかけだが、面白い本である。英語、中国語、日本語の読字において、脳の活性する場所が明らかに違う話とか、ソクラテスは自らはなにも書き残さなかったが、じっさいに彼が書字を嫌悪していたことなど、知らなかった話が多い。文字によって失ったものと得たものということから、『喪失と獲得-進化心理学から見た心と体』(ニコラス・ハンフリー著  垂水雄二訳)も再読したくなった。
 文字が図形に見えたり、音節の区切りが狂って変なものに感じられることは、ときどきある。車を運転中、タンクローリーなどに書いてある「危」というマークに遭遇する機会は多い。あるとき、この漢字の「中身」は螺旋なんだと気づいた。そのときに頭に浮かんだのは、危険というのは台風に巻き込まれるようなものだ、しかし、向きが逆だ、南半球の低気圧か、といったことである。
 次のようなこともあった。ある日、「ちょうふ」という駅名表記の「うふ」が気になってしかたがなくなったのだ。駅のホームのあっちでもこっちでも微笑んでいる。うふ。うふ。後日、この笑い声は甲府でも発生した。

疑似円筒凹多面体2008/10/25 11:28

ダイヤカット缶
 アサヒ飲料の新製品「WONDA THE BLACK」(写真左)が多面体缶になっている。同種の多面体缶では、キリンビールの「キリンチューハイ 氷結」と、キリンビバレッジの「FIRE 挽きたて 微糖」(写真中)がよく見るもので、ほかに、パターンが缶の下部のみにある、コカ・コーラナショナルビバレッジの「GEOGIA EUROPIAN 微糖 じっくり焙煎」(写真右)がある。
 「WONDA」は、多面体を構成する三角形が、合同の繰り返しではないのが特徴的だ。「FIRE」などのパターンを「ダイヤカット缶」と呼ぶのにたいして、「ブリリアントカット缶」と呼ぶらしい。
 これらの多面体缶は、中身のメーカーはまちまちだが、缶はすべて東洋製罐という会社によるものである。そしてこれは、三浦公亮さんのPCCP(疑似円筒凹多面体)シェルという研究が基礎になっている。三浦先生は、以下のようなことをおっしゃっていた。
 「工学的には強度を保ちつつ材料を減らせることに意味があるのだけれど、じっさいの製造では、機械の問題などもあって、板の厚さは変わっていないんだよね。デザインの面白さが主になっているんだ。意外な使われ方だね」