グレン・フライとブーレーズ2016/01/31 23:06

もう2週間になるが、グレン・フライ氏が亡くなった。グレイ・フライ&ドン・ヘンリーのDesperado(Eagles、1973)は、わたしが歌詞をすべて覚えている唯一の英語の曲である。昔のレコードのライナーノートはかなりいい加減だったので、正確ではないと思うが、10代の頃に覚えたものが染み付いている。学校を出て就職せずに自転車で放浪していたときは、これが一種のテーマソングだった。自己憐憫的だが、若かったのである。以下、後半部分の訳詞である。
Desperadoは「ならず者」や「無法者」ではなく、「あんちゃん」と訳したい。

あんちゃん、いまより若くなることなんてできないんだぜ。
痛みと飢え、それが、あんたを故郷に駆り立てているのだろうさ。
自由、自由、そんなことを言うやつらもいるけどよ。
あんたの牢獄、それは、ひとりでこの世界を彷徨い歩くことだよ。
冬の日に、あんたの足は凍えていないのか?
雪は落ちてこないけど、太陽も輝かない。
あんたは夜も昼もわからなくなっている。
なにもかも喪ってしまったんだ。
心がどっかに行っちまったなんて、笑えないぜ。

あんちゃん、正気にもどれよ。柵を越えて、門を開けろよ。
雨だってか。でも、虹が架かるかもよ。
だれかに愛してもらうんだ。だれかに愛してもらうんだ。だれかに愛してもらうんだ。
手遅れになる前にな。

なぜか指摘しているひとがいないのだが、『Desperado』(1973)と『誰かか風の中で』(和田夏十作詞、小室等作曲、1972、『木枯らし紋次郎』のテーマ曲)は、洋の東西で、双子のような曲である。『誰かか風の中で』のほうが1年早いのも面白い。アルバムの『Deperado』が、西部のならず者がコンセプトだったように、『木枯らし紋次郎』は、股旅もの時代劇を西部劇のように演出するドラマだった。どちらの曲も、過酷な世界をたったひとりで希望なく彷徨い歩く者を、慰撫する詩である。

###

そして、これは1ヶ月ほど前。作曲家のピエール・ブーレーズ氏が亡くなったと聞いて、こちらは、『本格折り紙』のエピグラフを思い出した。
私にとってもっとも重要な教訓は、時にはあえて想像力のもたらす現象を言わば「幾何学された」基本的な問題に還元せよということだ。
『クレーの絵と音楽』(笠羽映子訳)ピエール・ブーレーズ(作曲家)

かなり格好つけた引用である。『クレーの絵と音楽』は、ブーレーズ氏ではなくクレーへの興味で読んだ本である。

先ごろ翻訳出版された大著『プリンストン数学大全』の「第V||部数学の影響」に、数学と音楽、数学と美術の項があったのだが、前者の中にブーレーズに関する記述、後者の中にクレーに関する記述はなかった。じっさい、クレーの幾何学というのは、扱うのが難しいだろう。それは、わたしの中では、次のようなものと親和している。
伝説の中でアルキメデスが死の間際に描いていてローマの兵士に踏まれた図。
教室の黒板に描かれた図と数式。
なんというか、心の中にかなり明晰な構造があって、その一端の表出として図があるという感じである。アルキメデスの図からの連想では「路上に工事関係者が描いた記号」も近いのだが、あれに詩情を感じることに、あまり一般性はないようにも思う。

太陽の折り紙2013/04/23 22:14

太陽の折り紙
わたしの『本格折り紙』という本では、個々の作品にテーマを設定し、かつ十二支や歳時記的なものなど、関連を持ったものを採用するといった方針で作品を選択したのだが、いろいろ悩む中で、作品選択の隠れたつながりのようなものも考えた。

そのひとつとして、カモノハシと太陽を載せようかと本気で悩んだ。なんのこっちゃと思われるだろうが、これは、UNIX系オペレーティングシステムに関する話である。それらのOSのいくつかにはマスコットがある。たとえば、Free BSDが赤い悪魔の子で、Linuxがペンギンである。悪魔とペンギンを採用したので、Darwinのカモノハシ、そしてSolarisの太陽(これはマスコットではないが)もどうだろうかと思ったのだ。まあ、載せたとしても、たぶん誰にも理解してもらえなかったこだわりである。

なお、カモノハシは、ずいぶん前だけれど創作したことがある。

そして、太陽は創作したことはないけれど、折り紙の太陽と言えば、ピーター・エンゲルさん作の顔のある太陽(写真左)が自宅に、以前太陽の研究者にもらった、その構造を理解するための折り紙(写真右)が職場に飾ってある。後者は、中心部に、フィラメント、黒点、その外側に光球、さらにその外側の八つの三角形には、電波、プロミネンス、X線、フレア、紫外線、磁場、イオン放射、コロナホール、一番外側にコロナ、中を開くとコアと書いてある。

『本格折り紙』図のミス92010/11/22 12:29

『本格折り紙』52P
52ページ フジヤマモジュール

キャプションと図の関係は、この画像が正しくなります。
指摘してくれたMさん、ありがとうございました。

ほぼ同じ箇所を、以前指摘されて修正したのですが、修正を見落としていました。

『本格折り紙』図のミス82010/03/10 21:50

「仕切り箱」17図
20ページ「仕切り箱」17図。
細かい部分ですが(この図でも見にくいですが)、図の赤い線は不要です。

指摘してくれたFさん、ありがとうございました。

誤植52009/09/04 13:07

別の資料で似た話をまとめていて、あれ、もしかしたらと見直したら…。『本格折り紙』に誤植を発見。
うーん。いま校正中のものも見落としがありそうで、冷や汗だなあ。
46ページ
誤:
左回りに、67.5度、22.5度、22.5度、45度、45度、67.5度で、67.5-22.5+22.5-45+45-67.5=0になります。
正:
左回りに、112.5度、22.5度、22.5度、45度、45度、112.5度で、112.5-22.5+22.5-45+45-112.5=0になります。

『本格折り紙』図の「ミス」72009/05/03 22:32

『本格折り紙』図の「ミス」7
22ページ「サンタクロース」、ひきよせ折りの説明図。 山折り線が抜けて(省略されて)います。
(14ページ凡例も同様)
(図が小さくてもいれておくべきでした)

83ページ「ドラゴン」46図。
矢印は前面にでていなければなりませんが、一部もぐってしまっています。

誤植4 明解と明快2008/12/05 21:36

まったく違う文章を書いていて、『本格折り紙』の誤植に気がついた。

69ページ「立ち姿の鶴」
誤:角度を規格化することは、作品を明解にする近道のひとつです。
正:角度を規格化することは、作品を明快にする近道のひとつです。
85ページ「馬」
誤:明解な構成ですが、基準のA点を見つけるのには、ちょっとした工夫が必要です。
正:明快な構成ですが、基準のA点を見つけるのには、ちょっとした工夫が必要です。

 わたしの頭にあったのはクリアという意味だが、いままで意識の上にあがらなかった間違いだった。ワープロが明快と変換していれば、それはそれで、そのままだったようにも思う。洒落の「洒」の字を、ずっと「酒(サケ)」という字だと思っていて、そうでないことを知ったときに愕然としたことなども思い出した。

 さて。
「明快」は「さっぱりして心持ちのよいこと。筋道が明らかですっきりしていること」(広辞苑 第五版)で、「明快な」というふうに形容動詞的にも使われる。論理メイカイも単純メイカイも「明快」である。
 一方、「明解」は「はっきりと解釈すること、明白にわかること」(広辞苑 第五版)である。
 これだけでは、それこそ「明白にはわからない」が、「明解」を「半解」や「正解」「詳解」に対応する単語と考えると、すこしわかりやすくなった。「明解」は、「解釈」や「解説」という範疇の中にある言葉なのである。つまり、「解釈」や「解説」は「明解」になるが、「作品」や「構成」は「明解」にはならない。さらに言えば、もともと「解釈」や「解説」という限定した意味をさらに限定した言葉なので、単語を限定するために使う形容動詞的な「明解な」という用法も、あまり適切ではない、と思われる。
 ただし、「明解」が「正解」や「詳解」に対応しきっているかというと、これにも疑問はある。「正解する」や「詳解する」という表現はあるが、「明解する」は聞いたことがないからだ。こうしたことは、「明解」の意味・用法に、「明快」のそれが浸食してきているためではないか、とも思う。じっさい、自らを棚にあげる口実ではないが、「明快」と「明解」の誤用・混同は広く見られる。快という文字が享楽的なものを連想させ、解のほうが理性的に思えるためかもしれない。
 なお、角度を規格化することで折り紙作品が明快になるのかどうか、わたしの「馬」の折り目の構成が明快かどうかは、読者の判断にまかせたい。

 それにしても、書籍をつくるということは、恥をかくことでもあるのを実感している。この国のいまの首相の読み間違いは度を越しているが、ひとのことは笑えない。

『本格折り紙』図のミス62008/11/27 17:50

『本格折り紙』図のミス6
125ページ「ティラのサウルス」23図、線の種別が間違っていました。細かい図なので見にくいですが、鎖線(山折り)が正しい線です。図の赤い線です。指摘してくれた窪田さん、ありがとうございました。

『本格折り紙』図のミス52008/11/22 01:08

『本格折り紙』図のミス5
131ページ「龍」28図、29図、輪郭線が抜けていました。図の赤い線です。 指摘してくれたKさん、ありがとうございました。

『Genuine Origami』2008/07/27 11:28

『Genuine Origami』
 『本格折り紙』の英語版『Genuine Origami - 43 Mathematically-based Models, from Simple to Complex』が、Japan Publications Trading Co.,Ltd.から出版された。翻訳は羽鳥公士郎さんで、Marcio Noguchiさんにも手伝っていただいた。
 『本格折り紙』の出版からちょうど1年後になる。海外での販売は11月からとのことだ。表紙のデザインは『本格折り紙』より『ビバ!おりがみ』に似ている。
 なお、本のほうは大丈夫だけれど、Amazon等の著者Profileに誤りをみつけてしまった。Japan Origami Associationの代表ではないし、Maekawa Theoremの意味あいも…??