折り紙作品(固定記事:最新記事はこの下)2038/01/18 18:51

自分で折った作品の写真数点を、冒頭に載せておくことにしました。

Devil&Pyramid
Devil & Pyramid
悪魔(設計:1978 正方形)、ピラミッド(設計:1993 正方形)

Peacock
Peacock
孔雀(設計:1993 正方形)

Beetle
カブトムシ(設計:1994 正方形)

Turkey
七面鳥(設計:2005 正方形)

Sections of the Cubes
立方体の断面(設計:2000 特殊用紙形)

イベント三つ2021/11/15 18:36

◆折り紙教室@府中郷土の森博物館(東京都府中市)
・時日:11/23(火、祝)13:00-15:00
・作品:トラのかお
・参加費:無料(博物館入場料が別に必要です)
・詳細は下のリンク先をごらんください。
トラのかお

◆第26回折り紙探偵団コンベンション
・日程:11/26日(金)- 11/28日(日)
・概要
国内外の折り紙創作家と愛好家が集うイベントで、今年度はzoomを用いたオンラインでの開催です。
作品講習数30、貴重書籍のオークションなど、盛りだくさんの内容です。
1/20まで、すべての講習の録画を見ることができます。
・参加資格:どなたでも参加できます。
・参加費:一般4000円、学生3000円(さらに、機関誌購読者割引などがあります)
・主催:日本折紙学会
・申し込み受けつけ中
・詳細は下のリンク先をごらんください。

◆第31回折り紙の科学・数学・教育研究集会
・日程: 12/11(土)10:00-17:00
・概要
 折り畳み、折り紙に関する数学や科学、教育に関する研究会です。
 zoomを用いたオンラインでの開催です。
 最先端の折り紙の研究に触れるまたとない機会です。
・参加資格:どなたでも聴講できます。
・参加費:1000円
・主催:日本折紙学会
・申し込みの詳細は、後日webで案内します。
・詳細やこれまでの会などについては、下のリンク先をごらんください。

『ダブル・ダブルスター』など2021/09/27 19:26

著者の穂高明さんから『ダブル・ダブルスター』をご恵贈いただいた。中学一年の少年と彼と引き離された母の物語。揺れ動く心情が丁寧に描かれている。

タイトルのダブル・ダブルスターは、二重星がさらに二重になる多重星・「こと座のε星」のことである。穂高さんの描く地上と天界の対比には、『夜明けのカノープス』でもそうだったが、天文への深い思いがある。作中、野辺山宇宙電波観測所の特別公開と同観測所の予算削減の窮状も話題になっていて、ひとごとでない。折り紙もちらりと登場する。

 広海と別れたあと、真知子と怜は広海から勧められた、階下で開かれている折り紙教室のコーナーに向かった。電波望遠鏡を銀色の折り紙で折ったり、パラボラアンテナの原理を折り紙で説明してくれたり、とても興味深い体験ができた。
「そうか。パラボラアンテナのパラボラって、放物線の意味なんだね。平行な線が反射して、ひとつの点に集まる形がパラボラ、放物線ってことなのか」
 手のひらに載るサイズの、かわいらしい折り紙の電波望遠鏡を見つめながら、怜が深く頷いた。

◆そんな記憶も時間の中に消える
すこし前、放映中の『仮面ライダー』シリーズに、折り紙の「三つ首の鶴」がでてきたらしい。『ブレードランナー2049』の「羊」もそうだったが、残念ながら創作者のわたしに連絡はなかった。時を同じくして、職業能力開発センターの実習でわたしの折り紙作品の展開図をデザインの一部に使いたいという申し出があり、こちらはきちんとしたものだった。

このような目立たないところに書いてもなんだが、折り紙作品もまた美術などの著作物であるということは、広く認識されてほしい。

『ブレードランナー2049』といえば、最近読んだミステリ『見知らぬ人』(エリー・グリフィス著、上條ひろみ訳)の中で、登場人物のせりふとして「一作目はおもしろかった記憶があるが、これは信じられないぐらいつまらなかった」と、ひどい言われようをされていた。「言っておくと、最近のわたしの映画に対する許容範囲はかなりせまい」との補足はあったが、歴史的傑作の『ブレードランナー』と比較されるのはハードルが高い。

そして…、
わたしが、折り紙の「三つ首の鶴」や「羊」の創作者であった記憶も、時間の中に消えるのだろう。雨の中の涙のように。

蛇足ながら、これは『ブレードランナー』(リドリー・スコット監督)のクライマックス、人造人間(レプリカント)ロイ(ルトガー・ハウアー)のせりふのパロディである。こうした、わかるひとにはわかる話というのは書きたくなる。わかるひとにはわかるとして、そのまま投げ出すほうがよいのだろうが、解説もしたくなる。見つけたときはアレだ。誰かに言いたくなる。最近では、芥川賞の『貝に続く場所にて』(石沢麻衣著)で、マドレーヌを焼いたのに「私の記憶は揺さぶられず、何にも繋がらず、ぼんやり眠ったままだった」という記述など(プルーストの『失われた時を求めて』である。『失われた…』読んでいないけれど)。

『謎ときサリンジャー』(竹内康浩、朴舜起 著)
芭蕉の句が、論考の大きな要素になっていて、そのあたりに興味を持ったひとは、我田引水ながら、『しししし3』に載った、わたしのエッセイ『バナナフィッシュと麦畑』も面白く読んでもらえるのではないか、などと。

気がつけば2ヶ月ぶり2021/08/22 19:05

◆小さく固く折りたたんでゆく
相原かろ氏の歌集『浜竹』に、折り紙を詠んだ歌があった。

折り紙でエリマキトカゲを大量に作りき我は作れずもはや 相原かろ

エリマケトカゲが車のCMで人気者になったのは1984年のことである。相原さんの折ったエリマキトカゲはどんなものだったのだろうか。

『おりがみ新世界』(笠原邦彦、1989)に、わたしのエリマキトカゲが載っている(図:笠原氏)。この作品は、笠原さんの造形を参照して、辺の三等分を用いて効率的な構造を目指したもので、笠原さんは次のように記している。
「笠原の作品は、かなり難しい折り方のものです。それが、前川作品ではかくもやさしいものになったという次第です」
しかし、頭部の立体化にすこしわかりにくいところもあり、そんなに簡単に折れる作品でもない。
エリマキトカゲ

相原さんのこの歌は、幼少年時代の喪失などというには力が抜けている。歌論の用語に、見たまま感じたままを技巧をつかわずに投げ出すように歌う「ただごと歌」というものがあって、そんな歌だと言える。折り畳むことに関した歌は次のものもあり、これも「ただごと」というか、「あるある」だ。

ポケットの中で紙片の手ざわりを小さく固く折りたたんでゆく 相原かろ

次のような歌も、「そうそう。言われてみればそうだよなあ」というものだ。

測量の人が見ている測量の世界の中を通ってしまう 相原かろ
満員の電車のなかに頭より上の空間まだ詰め込める

相原さんは、神奈川生まれで生活圏も首都圏のようだが、山梨名物の信玄餅を詠んだ連作も四首あった。そのなかから二首をひく。

容器からモモっと注ぐ黒蜜を信玄餅のきな粉がはじく 相原かろ
扇風機の首振りが来て黒蜜になじんでいないきな粉は飛んだ

これらの歌には「桔梗屋」という小題がついているが、二拠点生活のひとつを峡北(山梨県西北)地域とする半・山梨県民としては、信玄餅といえば、桔梗屋ではなく、北杜市白州町台ヶ原の金精軒である。じっさい、信玄餅という商標は金精軒のもので、桔梗屋のものは桔梗信玄餅が正しい呼称だ。ただ、餅と黒蜜ときな粉を小さな風呂敷に包んだパッケージを最初に販売したのは桔梗屋のほうが先だったようで、いまは商標争いも和解している。
きな粉が飛んだということでは、高浜虚子の次の俳句も連想した。

草餅の黄粉落せし胸のへん 虚子

これには次のような本句取りを考えたことがある。

ナポリタン赤い点々胸のへん
カレーうどん黄色く飛んだ胸のへん

相原さんの歌は、全般にとぼけたような味があるのだが、やや苦みのある歌もある。1978年生まれの相原さんが社会にでたのは、いわゆる「失われた30年」の只中ということになり、それを反映している歌と見ることもできる。

部屋を出たあとに聞こえる嗤い声いまに見ていろ歌にしてやる 相原かろ
履歴書の空白期間訊いてくるそのまっとうが支える御社

「いまに見ていろ」という意趣返しが「歌にしてやる」であるのはいかにも弱く、その歌はわらい声の主にはとどかない可能性のほうが高い。しかし、それは歌として、歌集としてのこり、読む者もいる。それはある意味、芸術の勝利かもしれない。ただ、相原さんの詠む忘れがたい光景の多くは、批評性とは違い、これといった象徴性もなく、それゆえに印象が強いということがある。

階段を松ぼっくりが落ちてきてあと一段の所で止まる 相原かろ

◆12^3+1^3=9^3+10^3=1729
ラマヌジャンの「タクシー数」を視覚化してみた。してみたが、とくに新しい発見があったわけではない。
1729

なお、「タクシー数」のエピーソードは以下である。(『ある数学者の生涯と弁明』(G. H. ハーディー、柳生孝昭訳)掲載の『ハーディーの思い出』(C. P. スノー)より)

彼(ラマヌジャン)がパトニーの病院で死の床に伏せっていたとき、ハーディーはよく見舞いに行った。例のタクシーのナンバーのことがあったのも、ある日の見舞いの時の出来事であった。(略)彼はラマヌジャンの寝ている部屋へ入って行った。ハーディーは、いつも会話を始めるのが下手だった。恐らく挨拶などはしなかったのだろう。最初は、確かこうだろう。「私の乗った車のナンバーは1729だったよ。まあつまらない数だが」ラマヌジャンはこれに対して「いや、面白いですよ。ハーディー。とても面白い数です。二数の立方数の和で表す表し方が二通りある最小の数ですよ」と答えた。
 これはハーディーの記録している二人のやりとりである。肝心の所は正確に違いない。彼は真に正直であったし、しかも、誰もこんな話を創作できなかっただろう。

◆中からは見えない
野辺山観測所の公開日(8月28日)は今年もオンラインである。そのコンテンツのひとつとして、「棒渦巻銀河」の折り紙のビデオを撮った。われわれの天の川銀河の形状も「棒渦巻銀河」なのだが、中にいるとその全体の構造はわかりにくい。

で、ふと思った。
戦争のただ中を生きたひとの話を聞いたり、『方丈記』の天災や飢饉の記述を読むと、今の世の平穏を感じてきた。基本その思いは変わらないが、将来1990年代-2020年代の日本を振り返ると、カルト宗教のテロがあり、大地震や気象災害が頻発し、経済は停滞し、感染症も蔓延して、たいへんな時代だったと思われるのではないかと。

最近のこの国は、堅牢だったものが傾いたというより、歴史を参照すれば聞いたことのある話で、地金がでたというか、もともとこんなものだったのだろうと、妙に納得している。しかしそれを、冷笑的態度で終わらせ、傍観者を気取ってすむ話でもない。自分もその共同体の一員であるからだ。

第30回折り紙の科学・数学・教育研究集会 ほか2021/06/15 21:44

◆第30回折り紙の科学・数学・教育研究集会
6/20(日)10:00-17:00に上記の会があります。参加費1000円のオンラインの会で、どなたでも聴講できます。詳細は下記のURLからどうぞ。

◆「折」の字
折りパケ
カルビー食品のスナックの袋に「折」の字が書いてあって、なんのことか思ったら、ゴミの体積減のために袋を折り畳もうというキャンペーンだった。
わたしは、以前から袋を畳んで結んで捨てることがほぼ習慣化している。

◆ヤマハタザオと軽量構造
ヤマハタザオ
1メートル近くの高さで亭々と立つこの草の名は、ハタザオ(ヤマハタザオ)といって、見たままの命名である。天辺にはちいさな白い花が咲いていて、旗竿の先端の「冠頭」の趣きがある。英名も、タワー・マスタード(マスタード=芥子菜)、タワー・ロックレス(ロック・クレス=岩・クレソン)と、タワーの名を持つ。この写真でも根元が画面から外れているぐらいひょろりと高い。茎の直径は2ミリぐらいの細さで、高さを約80センチとして、電信柱の直径30センチで計算すると100メートル超のスケールになる。むろん、構造力学的に比例計算にはならないが、写真のうしろに写っているアカマツに比べても高く見えて、大げさにいえば、軌道エレベーターかジャックの豆の木みたいな感じだ。

次号の『折紙探偵団マガジン』に、『Forms and Concepts for Lightweight Structures』(Koryo Miura and Sergio Pelegrino)(『軽量構造のための形状とコンセプト』三浦公亮、セルヒオ・ペルグリーノ著)の紹介記事を書いたあとに、このヤマハタザオを見て、まさに軽量構造で、バイオミメティクス(生物模倣工学)のタネになりそうだなあ、などとも考えた。

◆『三体III』の折り紙の舟
大作SFの完結編『三体III 死神永生』劉慈欣著、大森望他訳)に折り紙がでてきた。重要な展開への伏線にもなっている。

一枚の白い紙を振りながら程心に言った。「これで舟を折れる?」
「折り紙も忘れられた技術ってこと?」程心は紙を受けとって訊ねた。
「もちろん。いまどき、紙だってめったに見かけないんだから」
程心は腰を下ろして舟を折った。

西暦でいうと2300年ごろの設定だ。2200年ごろに全人類が難民化したさいの記述には、以下の比喩もあった。

正午の陽射しのもと、合板と薄い金属板でできた住宅は、真新しいと同時にいかにも壊れやすそうで、砂漠に散らばる折り紙の箱のようだった。

「折り紙」の原文は「摺紙」だと思うが、「折紙」かもしれない。わたしの『折る幾何学』の繁体版のタイトルは『摺紙幾何學』で、簡体版は、訳者の案では『折畳几何学』だったのだが、『折紙几何学』になった。「摺紙」と「折紙」なのである。「折」はbreakの意味が強いようだが、日本と同様にfoldingの意味もある。

『三体』は、大ボラ話としてのSFの王道。ディテイルをあれこれつつくのは野暮かな、と。

第10回折紙探偵団九州コンベンションほか2021/05/10 19:40

◆第10回折紙探偵団九州コンベンション
5/15(土)-16(日)は、第10回折紙探偵団九州コンベンション。
参加申し込みはこちら。http://q-syu.squares.net/blog.cgi 
申し込みは5/13(木)深夜まで。

当初、佐賀大学の会場とオンラインを結ぶハイブリッド形式で構想されていたのが、感染症の蔓延状況により完全オンラインとなった。オンラインなので、九州コンベンションの意味はなんぞということだが、佐賀在住の川村みゆきさんがチェアでスタッフが九州のひとが中心なので、たしかに九州コンベンションなのである。

わたしの講習作品は「ブルドッグ」。たぶん時間に余裕があるので、関連作品も用意した。

◆すべりやすい
バナナ「WET FLOOR」
1ヶ月ほど前に某所で見た「すべりやすい」の標識が面白かった。検索すると、けっこう普及しているものらしい。「WET FLOOR」 より、せっかくバナナなので「SLIPPERY」(すべりやすい)のほうがよいのに。(なお、写真のものは、「CAUTION」のCの文字が欠けている)

◆ミミズク
ミミズク
近作から「ミミズク」。小松英夫さんのミミズクへのオマージュ的なモデルで、ぐらい折りゼロと立体化の構造がうまくできた。

◆「脅威に関する情報を伝えると、伝えた人がより有能であると見なされる」
最近読んだ『人は簡単には騙されない』(ヒューゴ・メルシエ著、高橋洋訳)は、ひとは簡単に騙されるという人口に膾炙された話を、いやいや、ひとは案外と騙されにくく、それは、ひとが「開かれた警戒メカニズム」(有益なメッセージを受け入れ、有害なものは捨てる認識のメカニズム)を持っているからだと述べる、認知科学の本である。

ただ、同書中に示される例には、ひとは簡単に騙されないが前例踏襲的であるという話も多い。開かれていないじゃないか…と。そもそも開放性と警戒性は相反するので、「開かれた警戒メカニズム」という概念自体が撞着的だ。そのような機構があるとしても、微妙な均衡に基づいていると考えるほかはなく、知りたいのはその均衡の力学の詳細だが、その部分はもやもやしている。同書には、ひとが騙されるケースに関する記述も多くあって、むしろそれが興味深かった。下の引用もそうした一例である。

(認知科学者の)パスカル・ボイヤーと心理学者のノラ・パレンは一連の実験を行って、脅威に関する情報を伝えると、他のタイプの情報を伝えた場合と比べ、伝えた人がより有能であると見なされることを示した。

時事的だ。

◆ゲルフォントの定数
二酸化炭素排出の削減で、「おぼろげながら浮かんできたんです。46という数字が」という小泉環境大臣の意味不明な発言に「ラマヌジャン的なお告げ」か!」という指摘があったらしい。e^πという、ラマヌジャンが好きそうなふたつの超越数からなる超越数(であることは証明できる)があり、ゲルフォントの定数と呼ばれるその値は、46のほぼ半分の23.140...なので、「浮かんできたんです。46.281385...という数字が」と言ったのなら感心したけれど。

◆Covid ergo sum
「Covid ergo sum」(新型コロナウイルス感染症、ゆえに我あり)というダジャレを思いつき、不謹慎ながらも味わい深いと、ひとり悦にいっていたのだが、同名の書籍が既にでているのを発見した。イタリア語の本で、しかも二種あり、パンデミック化におけるジョーク集と、看護師のドキュメントのようである。
なお、前にもこのブログに書いたが、ラテン語の「Cogito ergo sum」は、デカルトのオリジナルではないという。