丸石神その9−『暗黒神話』2007/11/29 23:27

諸星大二郎『暗黒神話』
 『暗黒神話』(諸星大二郎著)を読み返して、丸石神がでてくることに驚いた。装飾古墳、馬頭観音のことは覚えていたが、丸石神のことは忘れていた。初見時に丸石神のことを知っていたはずなのに、である。関心の強さの違いか。
 なお、上記引用にある「静岡県 敷島町」というのは、意図的なものかもしれないが、じっさいには存在しないし、したこともない。静岡ではなく、甲府の西に位置し、平成の大合併で甲斐市の一部になった、山梨県敷島町の誤りと思われる。ちなみに、『静岡県の道祖神』(松田香代子著)(『やまなしの道祖神祭り』図録 所収)というコラムよると、静岡には、伊豆に単体座像、駿河・富士西麓に双体像・文字碑などの道祖神が見られるが、丸石や石祠道祖神はまったくといってよいほどないという。甲斐以外で丸石神が見られるのは、『丸石神 庶民のなかに生きる神のかたち』(丸石神調査グループ編 )にもあるように、伊勢、熊野などである。
 と、重箱のスミをつついたが、諸星マンガは面白い。一般の伝奇ものの小説などの中には、背景にオカルトビリーバー(信者)の熱気を感じて目まいがするものもあるが、諸星マンガは、確信的な荒唐無稽の遊びごころで織り上げられた物語なので、安心して(?)楽しめる。

コメント

_ 北落師門 ― 2012/10/11 22:41

はじめまして。諸星大二郎と丸石道祖神で検索して辿り着きました。
丸石道祖神に関する論考、大変興味深く拝見させていただきました。
実は「暗黒神話」は連載当時からの大ファンで、未だに愛読書の一つです。
元々歴史が好きなので、関連する史跡などもいろいろ見て歩いています。
上記の同カットにある雷石なども見てきました。

実は、もしご存知でしたらぜひ教えていただきたいことがあります。
上記のカットにある「敷島町の丸石道祖神」が実際にある場所について、
何かご存知でいらっしゃいますでしょうか。
このイラストの原画は、野本寛一著「石の民俗」のP.145、第49図として掲載されている、
敷島町亀沢にあるとされる木祠群石神体型の丸石道祖神だと思います。
もしこれが今でも見られるものなら、ぜひ一度見てみたいと思っています。
ブログでも取り上げておられる、中沢厚著「石にやどるもの」の
P.284に掲載されている写真25のものとも似ているようですが、ちょっと違うようにも思います。
もし何か情報をご存知でしたら教えていただくことは可能でしょうか。

また、丸石道祖神に関する資料、特に所在地・分布について、
特に上記の丸石道祖神の所在に関するような情報を得られそうなところはありますでしょうか。
例えば甲斐市立敷島図書館などにそういった情報があるかどうか、
もしご存知でしたらご教示いただければ幸甚です。

以上、突然の書き込みでぶしつけなお願いをしてしまい、
大変失礼いたしました。

_ maekawa ― 2012/10/13 16:22

興味深いコメントありがとうございます。

野本寛一さんの『石の民俗』が手元のない(『石と日本人』はあるのに…)ので確認できませんでしたが、たしかに中沢厚さんの『石にやどるもの』の写真も似ています。

気になるのでいまさっき現地に行ってきました!
で、たぶんこれではないかという丸石神がありました。県道101号を北に向かい、「船石」という岩のあるT字路を左に折れて500m程度、敷島醸造の裏あたり、文化三年と刻まれた常夜灯のとなりにある木造の祠です。中に丸石が積まれています。
http://origami.asablo.jp/blog/img/2012/10/13/23b9c5.jpg
http://origami.asablo.jp/blog/img/2012/10/13/23b9cc.jpg

わたしもこのあたりは初めてで、県道101号をはさんで東側にもみごとな集合丸石が二座ありました。

なお、大縮尺の地図で丸石神の詳細な位置が示された資料というのは、塩山・石和地区のものしか見たことがありません。

北落師門(みなみのうお座α星:Fomalhaut) さんというハンドルネームは、天文関係者?と思いました。

_ 北落師門 ― 2012/10/14 01:43

maekawaさん、突然の書き込みにもかかわらずご返事いただきありがとうございます。
また、現地を実際に調べていただいて、本当にありがとうございます。
お手数をお掛けして申し訳ありません。
写真を拝見しました。確かに「暗黒神話」のものとよく似ていますね。
ただ左右にある木の格子が「石にやどるもの」だと台座の手前にあるのに対し、
写真のものは、木の格子が台座の上に乗っているようです。
今度現地を見に行ってみます。船石と敷島醸造付近を目印に探せば分かりそうでしょうか。

分布情報などはやはりなかなかないのですね。
まだ解明されていないところに、歴史の面白さと奥深さを改めて感じます。

「北落師門」の名は学生時代に時々使っていたペンネームのようなものです。
天文関係などという大それた者ではありません。恐縮至極です…。

いろいろとありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2007/11/29/2465115/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。