24パズル2010/12/01 21:56

24パズル
 パズル・「二十四のはめこみ」を、木工家の川口さんの手で、「モノ」にしてもらった。
 色によって鏡像を区別するようにと依頼したので、ブラウンと白い木材を貼り合わせたピースになっている。じっさいに手にして楽しんでみると、適度に難しく、なかなかよい。なにより、工芸品としてきれいで、チェッカー組み(写真左上)など、裏表を生かした組みかたもよい。

 パズルの題名は「24パズル」というシンプルなものに変更した。八角形と十字が太陽と星に見える(写真右上)のも、24という「一日」を連想させる数にぴったりだ。また、前にも書いたが、十字は、「折り鶴の基本形」でもある。「おりがみ(正方形)」もある。他のピースにも、「銀杏」「繭」「R」「キリル文字」「猪」「俵」などの愛称をつけた。単純なかたちをなにかに見立てしまうのは、折紙者の性だ。

 正方形を基本にした凸凹を網羅するという単純な原理なのだが、調べた限りでは前例はなかった。似ていると思ったのは20年ぐらい前(?)にあった「プラパズル No. 0」だが、じっさいはかなり異なる。

 デザインとして、図(右下)のように円弧のものも考えた。それなりに美しいのだが、とがった部分が鋭すぎ、見た目のパーツの大きさの違いも目立ち、手作りでは、工作の難しさも予想される。

 24=5×5-1なので、一こま欠けた5×5の正方形にも組めるが、真ん中を正方形の穴にすることはできない。

 欲しいひとは、工房くんぺい舎(この記事参照)が受注生産するとのこと。

コメント

_ kawacho ― 2010/12/05 21:28

試しにツール(http://burrtools.sourceforge.net/)を使って解析してみたところ、
市松模様になる解だけでも数万パターン出てきてしまいました。
もしかしたら線対称・点対称パーツを複数回カウントしているのかもしれません。
お手上げ状態です。。。

_ maekawa ― 2010/12/06 12:23

山勘では、数千パターンだと思います。(根拠ありません)

_ nishikawa ― 2010/12/24 00:54

30万通りもあるのですか。
ようやく、幾つか出来ましたが、ぜんぜん出来なかったり、解の周辺に連続的に幾つかのパターンが有ったり、そのままでは市松にならなかったり、
楽しいパズルです。

_ maekawa ― 2010/12/24 12:29

そう、12/23のエントリに書いたように、三谷さんの計算で、「全部表向きで295856通り」であるということがわかりました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2010/12/01/5550455/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。