二十四のはめこみ2010/11/03 00:10

二十四のはめこみ
ジグソーパズルのピースのパターンの網羅から、パズルを思いついた。
ジグソーパズルにはない、向かい合わせが直線となるもの三種と、三方向が直線になるもの二種、そして、四方向が直線になるもの、すなわち正方形を加えて24パーツとし、それを、4×6の長方形に嵌め込む、というものである。面積的に4×6になることはすぐにわかるが、じっさいに嵌め込めるかは別である。試してみたところ、可能だった。

ジグソーパズルのような凸凹でもよいが、凸凹を底角22.5の二等辺三角形に単純化してみた。「四葉」は「折り鶴の基本形」になる。
題して、『二十四の瞳』ならぬ、「二十四のはめこみ」である。「二十四の凹み」のほうが韻を踏んでいるけれど、凹んでいないパーツもある。
もしかしたら、前例があるかもしれない。

木でパズルにする場合は、鏡像を除外して21ピースにしてもよいかと思ったが、これを3×7の長方形にいれるのは不可能である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2010/11/03/5464986/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。