赤い正方形星雲2012/02/11 15:48

Red Square Nebula
かたちが正方形に見える星雲があるということを、最近知った。2007年に観測されたもので、通称Red Square Nebula(赤い正方形星雲)という。詳しいことはわかっていないそうだが、中心部から二方向に対称的な円錐状のガスの放出があり、円錐の母線のなす角度がたまたま直角に近く、それを真横から見ることでこのかたちになる、ということらしい。じっさいはやや長方形であるが、みごとだ。

どこにあるのかを確認してみると、かなりわかりやすい位置にあった。肉眼や小口径の望遠鏡ではまったく見えないけれど、折り紙(不切正方形一枚折り)の上達を星に願うときは、その方角に向かうのはどうだろう、なんてことを思った。まあ、「折り紙(不切正方形一枚折り)の上達を星に願うとき」という設定自体がわけがわからないけれど。

わかりやすい位置というのは、天空の座標である赤経が約18時(赤経18時21分15.9秒、赤緯マイナス13度1分27秒 へび座(尾部)領域内)にあることからくる。これにより、夏至の真夜中頃、冬至の正午頃、春分の日の出頃(6時頃)、秋分の日没頃(18時頃)に、南中する(真南にくる)のである。なお、南中時の高度(仰角)は、東京で40度ぐらいだ。南九州だと、だいたい45度と、折り紙好きのする角度になる。これも、だからどうしたってなもんだが。

写真:パロマー天文台ヘール望遠鏡およびケックII望遠鏡による赤外画像 (Wikipedia:Red Square Nebulaから)

LH2O2012/02/11 15:56

LH2Oと十八面体
ポルトガルのデザイナーユニット・Pedritaによる「LH2O」という水のボトルが面白い。(写真もこのサイトから) Água de Lusoというメーカーと協力しての「実験」と書いてあるので、商品にはなっていないようだ。

空間を完全に埋め尽くせる菱形十二面体を基本にして、6個ある四価頂点を切り落とすと、六角形(正ではない)12面と正方形6面からなる立体になる。これを積むと、立方体のすきまができる。ここにキャップ部分がはいって、無駄なく空間を充填できるようになる、という理屈だ。

この立体の正方形部分を穴にしたモデルを、折り紙(√2長方形の12枚組)でもつくってみた。四価頂点の切り落としかたは任意だが、ボトルでも使っていると思われる目安のわかりやすい比率にした。