東京文化会館小ホールの蛇腹2012/02/02 21:59

東京文化会館小ホール
上野の東京文化会館(前川國男設計…親戚じゃないよ)の小ホールに巨大な蛇腹があることを、切手のデザインで知った。このホール、いままで訪れたことがなかった。

なぜ蛇腹なのかを考えた。音の反射を図化(テキトーだけれど)してみると、図の蛇腹の赤い部分だけが反響に使われているようであった。青い部分は使われていないのである。つまり、このかたち自体に音響効果の意味はあまりないらしいのである。なぜ蛇腹なのかというと、要するに、大きな反響板を力学的に支えるため(と、収納のため:2/3追記)だろう。

音楽ホールと蛇腹といえば、前川國男氏の師匠筋にあたるアントニン・レーモンド氏設計の群馬音楽センターが、蛇腹のかたまりのような建築で、折り紙者の琴線を強く鳴らす。