立秋2017/08/07 22:10

嵐が近づいている。そして、立秋である。
数日前、3月ごろの話を、2、3ヶ月前と言ってしまった。光速に近いスピードで運動しているわけでもないのに、外の時間の経過が早くて、たいへん困っている。時間がない。ないようで、あるようで、やはりない。

◆プライベートギャラリー
昨日までの、プライベートギャラリーの公開では、いろいろなひとが来てくれた。下は、初対面となった「あそびをせんとや」の長谷川浩さんの「お土産」である。これは、組んだあとに畳めるところも面白い。
長谷川さんの組みパズル

◆オオハシみたいな鳥
オオハシぽい鳥
オオハシみたいな鳥ができた。多面体的な大きなクチバシが気にいっている。

◆オシドリ
オシドリ
14年前の作品「オシドリ」が「発掘」された。図を描いてみたい気もする。なお、「色を多く使うための複合折り紙」というアイデアは、笠原邦彦さんの作品から影響を受けたものである。

◆メモ蝶
先日、アニメーション映画・『メアリと魔女の花』(米林宏昌監督)を観てきた妻が以下のようなことを言っていた。
「メモ用紙を畳むと、それが蝶になって飛んでゆく魔法がでてきた。蝶は吉澤さんのものみたいだった」
たまたま、メモ用紙から折る「メモ蝶」という作品を考案したばかりであった。吉澤さんの作品とはやや構造が異なるものである。

◆多角形状の渦巻
天文関係者は、折り紙造形においても、らせん(渦巻)をモチーフとした作品に興味を示すことが多いような気がする。

関連しているような、していないような話である。
以前、ALMA望遠鏡で観測した、ちょうこくしつ座R星や、ペガスス座LL星の画像を見ていて、なにかに似ているなと思った。これが、堀内正和氏がデザインしたTシャツだということで、腑に落ちた、という話である。ガスが描く渦巻線の内側部分が多角形状に見えるところがあるところが似ているのだ。
ペガスス座LL星 ALMA(ESO/NAOJ/NRAO), Hyosun Kim et al.
ペガスス座LL星 ALMA(ESO/NAOJ/NRAO), Hyosun Kim et al.

堀内正和デザイン
堀内正和氏デザインのTシャツ(ギャラリーTOM)

『Bamboo Waves』(ニコライ・ポリスキー)
これもちょっと、らせん(渦巻)状である。
1週ほど前、会期終了間際の「北アルプス国際芸術祭」で見た、『Bamboo Waves』(ニコライ・ポリスキー)という作品である。この写真ではスケールがわかりにくいが、巨大なものだ。同芸術祭で、布施知子さんが「無限折りによる枯山水」を展示していたので、見にいったのである。天候が悪い中、駆け足で数点を観ただけになってしまったのは残念だった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2017/07/30/8632198/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。