幾何モデルをいくつか2016/01/31 23:01

正二十面体の中のデカルト座標
正二十面体の中のデカルト座標
正方形6枚。思ったよりきれいに組めた。20面のうち8面が穴で、内部の直交座標が見える。

交差する白銀長方形と正四面体
交差する白銀長方形と正四面体
変則用紙1枚。パズル性が高いので、うまく組めたとき達成感がある。

スーパーウィンド銀河キューブ
スーパーウィンド銀河キューブ
以前つくって、カンマふたつの模様だな、と思っていたユニット作品の絵柄が、「スーパーウィンド銀河」に似ているということに気づいた。
(中心核から銀河面に垂直に、ガスと塵を放出する「銀河風」が明瞭な銀河がある。爆発的星形成(スターバースト)に伴う現象とされ、強烈な銀河風をスーパーウィンドと称して、スーパーウィンド銀河という。M82が有名である)

コメント

_ 数(自然数)は、幽霊である。 ― 2020/11/21 04:06

≪…直交座標…≫は、折り紙(正方形)の折り返し(√2)が[平面]を代表する。
『座標軸』は、重なり『融合]する。
これをノ(ゼータ)亀の『リトミック体操』と『数の核(ジャーゴン)』で捉える「絵本」があるといいなぁ~。
 自然数の絵本は、「もろはのつるぎ」(有田川町ウエブライブラリー)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2016/01/31/8006314/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。