『空想の補助線』の補助線2024/01/30 08:19

昨年末に刊行されたエッセイ集『空想の補助線』に関して、共同通信による著者インタビュー記事がいくつかの地方紙に掲載されたほかに、1/27の毎日新聞に、若島正さんの書評が載った。ありがたいことである。若島さんは数学科出身の英文学者で、詰将棋・詰チェスの世界でも知られたひとだ。この書評でも折り紙と詰将棋の類似性について触れていた。詰将棋といえば、今から約30年前、同人誌『折紙探偵団新聞』に、以下のように始まるエッセイを書いたことがあった。

◎おりがみのルール
「手順の構成美」「配置の簡潔美・自然美・象形美」「パズル性を含んだ難解巧妙な作品」「趣向の持つ叙情や浪曼性」「数学的才能と芸術的才能」「誰もが手を出してみたくなる」「クラシック作品」「無駄を省く、不純を省く、簡素化する」「好ましい意外性と驚き」「すでに完成された作品に関する知識」… 
 以上は、コンピュータ雑誌「bit 」92年10月号に載った「詰将棋・詰チェスにみる知的作品の美」(井尻雄士氏)からの引用である。コンピュータ雑誌に載った以上、システム設計やプログラム作成に関連づけた話なのだが、ご覧のように「我々」にもけっして無縁の話ではない。本格ミステリ作家、ゲームデザイナー等々、この文章に首肯する向きは多々あろうが、「我々」以上にピッタリくるのは「詰将棋・詰チェス」を除けば、たぶん「詰碁」ぐらいなものだろう、と詰まらない冗談が言いたくなるほど、ここで述べられているのは「我々」のことだ。

そして、『空想の補助線』には、奇妙な偶然に関しての話題もあるのだが、この書評にもまた、ちょっとした巡り合わせがあった。

まず、紙面において同書の隣りで紹介されていた短編小説集『ブルーノの問題』(アレクサンダル・ヘモン著)の訳者のひとりである秋草俊一郎さんが、X(twitter)で「となりの若島先生評を読んで『空想の補助線』を注文。前川淳さんの「悪魔」を一時期繰り返し折っていたことがありました」と記していたのだ。意外なところにわたしの読者いることに驚いた。

そして、それらの記事の下にある「なつかしい一冊」というコーナーでは、東直子さんにより、杉崎恒夫さんの歌集『食卓の音楽』が紹介されていたのだが、杉崎さんは、国立天文台に勤務されていたかたで、5年ほど前、このブログ(歌のあれこれ:長い記事で、杉崎さんの話はうしろのほう)でも氏の歌に触れたことがあった。読み返すと、『空想の補助線』に書いた内容ともすこしリンクしている。