「石子順造的世界」と「重森三玲 北斗七星の庭_展」2012/01/09 23:43

昨日今日と、連日で展覧会に行ってきた。
府中市美術館の石子順造的世界展と、ワタリウム美術館の重森三玲 北斗七星の庭_展である。

石子順造的世界

石子順造的世界-キッチュ-

「石子順造的世界」は、つげ義春ファン、丸石神好きとして、外せない展覧会だ。評論家・石子順造氏の足跡に沿って、美術、マンガ、キッチュという三分野の展示があり、マンガコーナーの展示に『ねじ式』(つげ義春著)の原画、キッチュコーナーの展示に丸石神の写真とくるのだ(写真)。それはそれでうれしかったのだが、言ってみれば、「あるとわかっているものを確認しにいく」かたちだった。が、美術コーナーにちょっとしたふいうちがあった。石子さんらが作家選考をした1968年の「トリックス・アンド・ヴィジョン」展の一部が再現されていたのだが、そこに…

「まさか こんな所に 堀内正和が いるとは 思わなかった」

ということで、わたしが最も好きな彫刻家・堀内正和さんの作品があったのだ。
(野暮を承知で付言すると、上は、『ねじ式』の冒頭「まさか こんな所に メメクラゲが いるとは 思わなかった」のパロディである)

石子さんは、評論を読むと、わたしとはかなり違う思索をするひとなのだが、堀内正和、つげ義春、丸石神など、どこか嗜好が似ている、と再認識した。というより、わたしが石子さんから影響を受けたということなのだろう。

なお、展覧会の図録は、驚くほどコストパフォーマンスが高い文献になっている。300ページ余・2000円、カラー多数、『ねじ式』原画写真収録である。

そして、重森三玲展は、偶然出会った東福寺方丈の庭に魅せられ、北庭の写真をずっとコンピュータの壁紙にしている者として、やはり外せない展覧会だ。

デスクトップ-東福寺方丈北庭-

東福寺方丈北庭(小市松の庭)は、世人の認める氏の代表作なのだろう。喫茶室には「小市松ケーキ」なるものもあり、おいしくいただいた。

重森三玲展-小市松ケーキ-


イタリアで見つけたものなど2011/12/20 12:56

12月11日、折り紙コンベンション終了後の夜、会場から近いパルマの町を歩いた。クリスマスイルミネーションがきらめき、多くの露店が並ぶ中、しとしとと雨も降っていたのに、楽しそうな老若男女で賑わっていて、経済状態最悪の国という雰囲気を感じ取ることは、まったくできなかった。広場には、直径20mほどの仮設のフラードームがあった。金属の骨組みの上にシートをのせたもので、中では、クリスマスの飾りや来年のカレンダーなどが売られていた。
Parma

パルマの雑貨屋さんで、折り紙をかたどった陶器を発見した(同様のものはアメリカのSakamotoさんが見つけてきたものを持っている)。また、ミラノの本屋さんでは、折り紙をあしらった栞や封筒をもとめた。これらの物や、コンベンションの雰囲気からも、折り紙が、エキゾチックな日本の文化というようなものではなく、彼の地にしっかりと根付いた文化としてあるということを、あらためて感じた。

パルマのショウウィンドウ

封筒など(ミラノの書店)

会場のホテルは旧い建物だったが、照明の多くがLEDか蛍光電球に変えられていた。原子力発電所を拒否した国ならではということだろう。

ホテルと、パルマ市中心の宮殿で、丸石を発見した。(丸い石というだけだけれど)

イタリアの丸石

丸とくれば、三角で、ミラノ中央駅の正面には、巨大な正四面体があった。
ミラノ中央駅

丸、三角とくれば、すこし前にこのブログにも書いた仙厓義梵の「○△□」が思い浮かぶが、コンベンションでのGian Dinhさんのプレゼンテーションに、禅の話にからめて、まさにその話があり、シンクロニシティー(偶然の一致)みたいなものを感じた。なお、パルマの町は、ピアチェンツァという町に住んでいる姪夫婦に案内してもらったのだが、彼等がすこし前から会場に近い町に住んでいたのも偶然で、わたしは偶然に恵まれている。

帰国後の土曜日、有楽町と銀座に出かけたのだが、ミラノやパルマ以上のたいへんな人出で、ここも、どこが不景気なのかわからなかった。まあ、そもそもわたしには、町の様子で経済状態を感じ取るような眼はない。それよりも、都会に住んでいると、細菌やウィルスにさらされて免疫力が強くなるんだろうな、なんてことのほうを強く思った風邪気味のわたしである。

丸石神その32 -再利用-2011/10/25 22:54

丸石石仏(北杜市高根町)
北杜市高根町村山西割で見た石仏は、頭が丸石になっていた。明治の廃仏毀釈で破壊された石仏と丸石神を、ほとぼりが冷めたころに合体させて再度祀ったものではないか、と推測した。当時、石仏の頭は割られたものが多かったという。隣りに、石祠に並んで、ごろんと丸石もあった。

『丸石神』(丸石調査グループ編 1980)にも、道祖神石像の頭が丸石になっている写真があり、中沢厚さんが「二基の四神像はいずれも頭部欠落で、代わりに丸石が四つちょこなんと乗って頭の役目を果たしています。そんなユーモラスな趣向は甲州ならではというべきでしょう」と記しているが、村山西割の石仏は、大きさが等身大のこともあって、ノッペラボーという感じが強く、彫刻造形的に、かなり奇妙な味わいになっている。

丸石神その31 -雪だるま型-2011/07/18 21:30

雪だるま型丸石神
 写真は、数ヶ月前、JR中央線塩崎駅(山梨県甲斐市下今井)近くで見つけた、ふたつの「雪だるま型」の丸石神である。
 重ねられらた丸石神は、ほかでも見たことはあるが、このように、「造形的」にきっちりとできあがっているものは珍しい。

 左は、自性院というお寺の参道の入口にある一座。転げ落ちたことがあったのか、コンクリで接着してある。
 右は、JR中央線と中部横断自動車道が交差する辺りにある一座。台座や下段の石が真新しいが、整備前にも、このかたちだったのだろう。台座に銘のようなものはない。

 甲斐地方に「丸石道祖神」という民俗があるという知識なしに、この造形を見た場合、「なんじゃこれ」度は、より高くなるだろう。

 …まさしく「なんじゃこれ」で、これらの造形は、簡単な意味づけを拒絶していると思っていたのだが、震災を考えることが多いためか、いま、妙な説を思いついた。すなわち、「丸石神は天変地異の観測装置である」という説である。
 紀元前の中国に、龍の像がくわえた玉が落ちることで地震を感知した装置があったという。これらの丸石道祖神にも似たような意味があるのでないか。つまり、これらは、「不安定な造形が崩れないことにより、世界の安寧を確認している」という意味があるのではないか、なんて。

丸石神その302011/01/25 21:22

山梨県立博物館の丸石神
 先週末、山梨県立博物館の企画展・「甲府道祖神祭り」を観てきた。幕絵と呼ばれる、陣幕のような幕に描かれた絵(歌川広重筆)の展示を主としたものである。
 道祖神そのものを扱った展示ではなかったが、初めて見る資料など、いくつか新しい知識を得た。

 ひとつは、明治五年の、門松、削りかけ、節分の鬼やらい、道祖神祭りを禁止する布告が、以前ここに書いた藤村紫朗氏ではなく、土肥実匡氏の署名によるものだったことである。藤村紫朗氏が県令(権令)になったのは明治六年だった。
 美術財産であったこれらの幕絵は、数点を除き、この布告などにより、廃棄されたというから、もったいない。
 山梨県立博物館の観覧は3回目だったが、敷地内に丸石神があることを今回初めて知った。写真がそれで、昭和はじめにつくられた「本物」を「遷座」したものだそうだ。ミュージアムショップでは、道祖神祭りの絵葉書とクリアフォルダーを買った。

丸石神その292010/12/12 14:48

丸石神その29
 先週末、韮崎市本町三丁目の姫宮神社境内で見つけた立派な丸石神である。正確な年代は不明だが、幕末のもので、別の場所から遷座したものと思われる。

 同神社境内には、穴の空いた石もある。台座の銘によると、鏡石という名で、宝暦七年九月(1758年)に造られたものだ。韮崎市のサイトによると、富士講(富士山信仰)の信者によるものだ。境内は釜無川の河岸の高台で、富士山もよく見える。だが、不思議なことに、穴の方向は富士山からはわずかにずれている。創立時から動いてしまったのかもしれない。現在も、やや斜めからなら、穴を通して富士山を見ることは可能だが、隣接する墓地の塀に裾野が遮られたかたちになる。

石子順造と丸石神2010/10/17 13:52

石子順造と丸石神
 四谷のCCAAアートプラザランプ坂ギャラリーで行われたシンポジウム「石子順造と丸石神」というイベントを観てきた。中沢新一さん、椹木野衣さん、本阿弥清さんの講演と、鼎談である。
 丸石神をテーマにしたシンポジウムがあるということ自体、丸石好きとしてたいへんうれしかったのだが、講演は淡々と聴いていた。主に評論家の石子順造さんの再評価という動機による会なので、丸石神「自体」の面白さが語られることはあまりないだろうと予想しており、内容はその想定内であった。

 わたし自身の丸石神への関心も、「折り紙のマージナルアート性→キッチュ論への興味→石子さんの著作を通して丸石神を知る→山梨でじっさいの丸石との遭遇し、幾何アート好きの琴線に触れる」ということで、石子順造さんの影響なのだが、石子さんの評論を読み返すと、論旨は錯綜しており、正直、情熱は伝わるが共感はできないことのほうが多い。

 今回の会で一番面白かったのは、中沢新一さんが紹介した、氏の父上にして民俗学研究者の中沢厚さんのエピソードだった。石子さんらを案内した中沢厚さんは、丸石神を前に「近代を超える。近代を否定する」等々と口角泡を飛ばして議論する彼らを見ながら、「愛情のある皮肉」を込めて、「あのひとたちは近代に反発しているけれど、近代的なひとだねえ」と言ったというのだ。

 鼎談の中で椹木さんが、「石子さんは、反近代、非近代を考え続けるがゆえに、逆に近代に呪縛されていたのかもしれない」といったことを発言されていたが、そうした強迫的な心性の解毒剤として最も有効なのも、わたしには、中沢厚さんのような態度としか思えない。それは、じっさいに現場で多くの実物に接し、さまざまな視点からそれについて考えているものの強みである。また「外」にいるものの強みである。中沢厚さんも丸石の美しさを語るが、美術の「外」にも「美しい」ものがあるのは、考えてみれば、当たり前なのである。

 会に、質問の時間がなかったのは残念だった。

道祖神祭り禁止と擬洋風2010/10/04 22:55

舂米学校
 高根町村山北割新井の丸石神で見た「廃仏毀釈」に関連して、『神々の明治維新 -神仏分離と廃仏毀釈』(安丸良夫著)を読んだ。引用されていたものを読んだことがあり、以前から知っていた本だったが、これは名著だった。30年前の出版なのだが、コンパクトな記述の中に、興味深い事実、示唆の多い考察が満載であった。

 道祖神祭りの禁令に関しても記述されていたが、明治五年の山梨県の布告で、門松や追儺(節分の豆まき)なども禁止されたというのは、驚いた。
 このような禁令は、当時の県令(現在の県知事にあたる)であった藤村紫朗氏による。(追記:藤村紫朗氏が県令(権令)になったのは、明治6年からであったが、藤村紫朗氏が民俗信仰を抑圧したのはたしかである)

 この藤村という名前に聞き覚えがあった。山梨には、明治初期の「擬洋風建築」、すなわち、日本の職人が建てた西洋風の建築が多いのだが、それらが、このような建築を奨励した県令の名に因んで「藤村式」と呼ばれているのである。
 擬洋風建築では、信州松本の開智学校が有名だが、山梨の津金学校や舂米(つきよね)小学校も、なかなか味がある。たとえば、写真の富士川町増穂にある舂米小学校である。中央に六角形の鐘楼のような「太鼓堂」があり、そのてっぺんにシャチホコがひとつだけついているというものだ。愛らしいが、どこか奇妙な建築である。
 民俗信仰を根こぎにするかのような禁令を出した「開明派」の県令の名をとどめ、じっさいに文明開化の拠点であった学校。それが、いま見ると、国籍不明であることによって、きわめて「日本的」に見えるというのは、じつに面白い。

丸石神その282010/09/23 11:16

村山北割の丸石神
北杜市高根町村山北割新井の六社神社境内にある、丸石神である。 左はやや扁平になっているが、右はみごとな球だ。右側は、台座の細工も繊細である。弘化四年 (1847)と安政五年( 1858)の銘がある。自然石ではない人工丸石は、やはり幕末の流行だ。

『甲斐路 ふるさとの石造物』(山梨県編)によると、そもそもは道祖神として集落の辻々にあったものが、「道祖神祭廃止の通達」(明治五年:四年という資料もある)のさいに、神社境内に集められたものであるという。

明治の初めは、いわゆる国家神道による、他宗教や民俗信仰への淫祠邪教扱いが苛烈だった時期である。五島崩れなど潜伏キリシタン(隠れキリシタン)の殉教もこの時代だ。

甲斐の山村の民俗信仰も、そこで一部断ち切られたわけである。神社が「六社神社」なのも、小祠が集められたためかもしれない。

金精軒の丸い石2010/09/05 19:55

金精軒の丸い石
先日、山梨の和菓子の老舗・金精軒韮崎店の前で丸石を発見した。道祖神ではないが、さすが甲斐の国だなあと思った次第である。なお、信玄餅というと、桔梗屋の「桔梗信玄餅」が販路が広くて有名だが、「信玄餅」は、金精軒の商標である。元祖だからどうこうという思い入れはことさらにないが、近年の新製品・「寒天信玄餅」は、きな粉が散らないし、ほとんど我が家の常備菓子になっている。

これもそのときに気がついたのだが、金精軒の読みは、「きんせいけん」なのであった。「こんせい」だと思っていたのである。道祖神と関係が深いとも言えなくもない金精神は、ふつう「こんせい」だが、北杜市大泉町にある、縄文遺跡・金生遺跡も「きんせい」だ。なお、金精軒の名前のいわれは知らない。