寒星2021/01/01 22:10

あけましておめでとうございます。

職員にも配られた国立天文台の今年のカレンダー。暮れに掛け替えて、1月の「VERA 水沢観測局の20mと10m電波望遠鏡、そして冬の星座たち」と題された写真を見ると、オリオン座と並ぶふたご座の中央下部にひときわ明るい星がある。あれっと思ったが、ざっくり確認してみたら、2014年の1月ごろ、そこに木星があったので、その頃の写真なのだろうと納得した。
NAOJカレンダー1月

木星といえば、暮れの12月21日前後に、木星と土星が離角0.1度まで接近した。下の写真は、12月19日、野辺山45m電波望遠鏡(別の天体を観測中)越しに見た、離角がかなり小さくなっている木星と土星である。
野辺山:木星と土星

今日1月1日の日没直後、東京の自宅から富士山の左上を見ると、木星と土星、だいぶ離れたが、まだまだ近くに輝いていた。
木星と土星と地球

冬の星のことを俳句では寒星(かんぼし)という。中村草田男さんの句が有名だが、岸風三樓さんの句も気になる。

寒星や神の算盤たゞひそか 中村草田男

寒星や地上に逃ぐるところなし 岸風三樓

岸氏は、反戦俳句の弾圧事件「京大俳句事件」にも関係していたらしいので、そのときの句なのだろうか。冬の星の句では、加藤楸邨さんの句も強く印象に残っている。これは、出征する教え子を思って詠んだ句らしい。

生きてあれ冬の北斗の柄の下に 加藤楸邨