古川柳の中の星空 その22019/11/01 22:32

『俳風柳多留』を読みすすめ、興味深い句を見つけた。まず、折り紙関連句である。

池のみぎわに靏を折待つて居る

「靏」は「鶴」の正字で、池の畔で折鶴を折りながら待ち人を思う、たぶん娘の姿を描いた句である。安永八年(1779年)刊行の第十四篇の収録なので、『秘伝千羽鶴折形』(1797年)と同時期の句ということになる。「靏を折り池のみぎわで待つて居る」のほうが、五七五の収まりがよいと思うのだが、なぜか七五五である。ちなみに、5:7:5という比率は、正方形の辺:正方形の対角線:正方形の辺の近似なので、折り紙的(!)である。

そして、また、天文川柳も見つけた。

客星の光うしなふ後の月

客星というのは、定家の『明月記』の記述でも知られるように、超新星や彗星などの見慣れない星、突発天体のことである。この客星はいったいなにか。山澤英雄氏の校注によると、安永六年(1777年)の投句なので、そのすこし前の天文現象を調べてみた。

「C/1774 P1 Montaigne」彗星が、時期的に一番近かった。この彗星に関する記述のある、天文学者・シャルル・メシエのノートには、1774年の8-10月の観測とあった。発見はそれよりはやく、同年の4月、ジャック・モンテーニュ(あのモンテーニュとは別人の天文学者)による。それらは、望遠鏡を使った観測であり、肉眼での観測は難しかったようだ。とは言え、メシエの記述には、月の明かりに観測が妨げられたという内容もあって(『Cometography: Volume 1, Ancient-1799: A Catalog of Comets』 G. W. Kronk、1999による)、川柳の記述に妙に符合している。「後の月」を歳時記通りに太陰太陽暦九月十三日の月とすると、1774年10月13日にあたるので、メシエらがこの星を観測できなくなった時期とは若干ずれるのだが、たいへん興味深い。

まさか、メシエやモンテーニュが詠んだ句と主張するのではないが、ちょうどこのころ、日本に麻田剛立(1734-1799)というひとがいたことは付け加えておくべきだろう。豊後の国を脱藩し、大坂で医師をしながら天文の研究を続け、ケプラーの第三法則を独自に発見したという話(異論も多いのだが)も伝わる傑物だ。彼が1770年ごろから望遠鏡による観測もしていたのはたしかである。麻田自身がこの句を詠んだというより、麻田から話を聞いた者が(それは、観測自体ではなく、麻田が入手したメシエらの情報かもしれない)、それを元に詠んだ句なのではないかと、想像したのである。なんの文献的な裏づけもない、思いつきなのだが。

『READY TO FLY』など2019/11/08 22:17

◆ドングリ干渉計
ドングリ干渉計
以前そう思ったことの焼き直しだが、ベランダに落ちていたコナラのドングリの「ハカマ」が、パラボラアンテナみたいなので、それを拾って干渉計をつくってみた。ほとんど小学生の工作だが、なんだか自信作である。焦点に副鏡も受信機もないので、観測はできない。

『Origamix - Theory & Challenges』by Totani
フランス在住の合谷哲哉さんから、著書『Origamix - Theory & Challenges』をいただいた。

◆『READY TO FLY』
READY TO FLY
東京ミッドタウン21-21で開催されていた『虫展 -デザインのお手本-』を、最終日(11/4)に見てきた。一番のお目当ては、山中俊治、斉藤一哉、杉原寛、谷道鼓太朗、村松充の各氏による、『READY TO FLY』と題された、甲虫の内翅の展開と収納をみせるロボットだった。以前聞いた斉藤一哉さんの講演では、カブトムシは、収納が得意で展開に羽ばたきの遠心力も使うが、テントウムシは、展開がバネ仕掛けで早いが、収納はやや苦手で、それゆえ「シミチョロ」もあるという話で、機構も異なるということだった。このロボットは、それが明確にわかるものではなかったが、面白い展示物だった。

この日は、行きそびれていた神田古本まつりの最終日にも寄った。翌日の用事のため、山梨-東京の移動があり、鈍行の鉄道を使ったのだが、これもひさしぶりだった。乗客がまばらで、色づいた秋の山々が窓を通り過ぎてゆく車内は、移動するサンルーム状態だった。陽射しの中で「今日も一日じゅう本が読める」という記述のある『ヘンリ・ライクロフトの私記』(ギッシング著、平井正穂訳)などを読んだ。移動中の読書というのは、なんであんなにうれしいのだろうか。

『ヘンリ・ライクロフトの私記』は、ヴィクトリア朝のイギリス人作家・ギッシングが、自身よりやや年長の売れなかった隠棲作家の老境のつぶやきという体裁で書いた小説だ。かつて英語のリーダーの教材としてよく知られていたらしいが、わたしはギッシングの名前も知らず、『本の雑誌』11月号の「マイナーポエット特集」で、能邨陽子さんが取り上げていたことで知った。版が切れているが、邦訳の短編集(小池滋訳、岩波文庫)も出ていて、これも味わい深かった。資本主義が浸透した19世紀のイギリスの、やや苦いストーリーが、貧富の格差が広がり、暮雲落日の感のある現代日本に妙になじむ。

『私記』に、すこし前にこのブログで触れたホーソーンも出てきた。

「労働は世界の呪いでなくでなんであるか。人間は労働に携わるほどそれに比例して動物化するのだ。(略)」
 かように、ブルック農場のナサニエル・ホーソーンは書いている。幻滅感をひどく味わったために、彼の言葉には誇張がある。労働は嫌悪すべきもの、人間を動物化するものであるかもしれないし、また実際にしばしばそうであるが、断じて世界の呪いではない。いや、むしろ世界の祝福ですらある。ホーソーンは馬鹿なことをやって、その報いで心の平衡を失ったのにすぎない。

平井氏の訳注では、以下のように記される。知らなかった話だ。

ナサニエル・ホーソーン - アメリカの小説家(一八〇四-六四)。彼は一八四一年から四七年にかけてマサチューセッツに理想的な村ブルック農場を作ろうとして失敗した。

また、「英国に生まれて嬉しい理由はたくさんあるが、第一の理由は、シェークスピアを母語で読めることである」とあるのを、自分に当てはめると、近現代を含めた短歌、俳句、川柳などの短詩が母語で読めることになるのだろう、とも考えた。最近サリンジャーの『シーモア -序章』を読み返して、似たことを思ったばかりだった。同作で、天才シーモアは原語(日本語)で俳句を読んでいることになっているが、サリンジャー自身はそうではなかったはずである。気の向くまま、短歌や俳句・川柳を読んで、あれこれ考えることができるたのしみを持つことは、あのサリンジャーに「いいでしょ?」と目配せができそうな気がしたのだ。

とは言え、わたしは、和紙、和算、見立て、地口、歳時記、短歌、俳句、民俗信仰など、好きな日本の文化を、滅んでしまうと惜しいエスニックな文化として尊んでいるところがある。客観的に見れば、語学も苦手な、日本以外での生活も難しい典型的な日本人だが、すくなからず異邦人の感覚がある。目の前の現代の日本で起きる馬鹿げたことへの憤懣、というか幻滅、そして恐れへのカウンターとしての、近世以前の、滅んでしまった、あるいは、滅びかかけた文化の中のある小さきものを対置する感覚である。これは、エドワード・サイードのいうオリエンタリズムじみたねじれかもしれないので、褒められるものでもないが、思い込みに満ちた日本万歳よりはましだろう。

『私記』には、自然への親近感とともに、自然科学への無関心もたびたび書かれているが、いわゆる理系であろうわたしにも、それらの記述にそれほどの違和感はなかった。彼が関心を持たないのは、自然科学というより、科学技術である。ラッダイト(機械破壊運動)の時代はすでに去っており、ライクラフト(≒ギッシング )も科学技術の力強さは重々承知である。彼の態度は、嫌悪というより距離感で、心霊科学への揶揄などは、むしろ科学的である。彼の立ち位置は、たぶん「科学は野暮である」というものだ。これは、同時代のポオのソネット『科学へ』にも通じる。