夏のイベント2019/07/23 22:39

毎夏の折り紙界最大のイベント。「参加受付中」と書こうと思ったら、今日、定員を超えたために受付終了。どうも。初中級教室のために、「こぐま」という新作を考えた。例年のように、この他に、幾何作品と講義を申し込んだ。
こぐま

折り紙教室中級編 - 龍を折ろう!-
場所:府中郷土の森(東京都府中市)
時日:8月12日(月、祝日)10:00-12:00、および、13:00-15:00
参加費:300円(別に博物館入場料)
要、事前申し込み。当日、図も配布。
けっこう難しい作品なので、どういうひとが集まるのか、すこしどきどき。
龍

先日、東京ステーションギャラリーで開催中の、メスキータ展を観てきた。エッシャーの師匠にして、アウシュビッツで亡くなった版画家の、日本初の回顧展だ。
Mesquita

Mesquita図録

◆どこかにいい国が
八ヶ岳山麓では、6月の末からヒグラシの声を聞くようになった。写真はヒグラシの抜け殻である(たぶん)。
ヒグラシの抜け殻(たぶん)

かなかなのかなをかなしく鳴きをはる 加藤洋子

この世より滅びてゆかむ蜩( かなかな)が最後の〈かな〉を鳴くときあらむ 柏崎驍二 

七十二候の「寒蝉鳴」における、ツクツクボウシとヒグラシの混同に関しては、以前このブログにも書いた。ヒグラシは秋の蝉ではない。そこでも引用した、山村暮鳥の「かな かな かな かな どこかにいい國があるんだ」という詩は、先日、『セミ』(ショーン・タン著、岸本佐知子訳)を読んだときにも連想した。暮鳥はクリスチャンなので、この「國」は、神の国のことだろう。しかし、わたしには、この言葉が、「どこにもいい国なんてない」という反語として響く。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2019/07/23/9132603/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。