『沈黙のパレード』など2018/10/21 17:46

◆じつに面白い
東野圭吾さんの探偵ガリレオシリーズの新作『沈黙のパレード』に、折り紙の科学に関する記述があった。ガリレオ先生こと湯川教授が、定食屋で雑誌を見ていて声をかけられるシーンである。

「正解、折り紙だ。一枚の大きな紙を、効率よく、できだけコンパクトに折り畳めるように工夫してある。大事なのは、折り畳むだけではなく、広げる手順もシンプルでなければならないという点だ。なぜそんなことが必要なのか。折り紙といったが、じつはこれらの素材は紙ではなく、太陽電池などの宇宙パネルなんだ。小さく折りたたんだ状態でロケットに載せて宇宙空間まで運び、そこで大きく広げて利用しようというわけだ。(略)この分野の人間なら日本人でなくても、オリガミという言葉は通じる」すらすらと淀みなく話した後、男性客は感想を求めるように夏美の顔を見つめてきた。
(略)
 男性客は眉間に皺を寄せると、眼鏡の中心を指先で押し上げた。
「残念ながら、僕がやっていることはこれほど優雅じゃないし、花もない」ため息をつき、雑誌を閉じて傍らのバックに押し込んだ。「よく訊かれるよ、あなたの研究は一体何の役に立つんですか? 生活が便利になるんですか? スマートフォンとどっちがすごいですか?」

と、語る、湯川教授は、モノポール(磁気単極子)の研究をしているらしい。静岡の菊野という土地(菊川がモデル?)が舞台なのだが、遠州が舞台なのは、スーパーカミオカンデの粒子観測装置をつくった浜松ホトニクスからの連想だろうか。なお、ドラマ版の有名なセリフ「実に面白い」は、原作にはなかったと思うのだが、本作ではこのセリフがあって、東野さん、遊んでいるなあと。

新作「ペガサスを探して」が、10/27(土)22:45-23:00に放映される。

シリーズの初めのころは、折鶴博士がモデルを思いつくさいに、それこそ、ドラマの『ガリレオ』ばりに、数式を書いたりするシーンがあったが、最近その演出はない。あの数式や図は、じつは、わたしのノートからとったもので、面白がって見ていたのだけれど。

天文学と印刷
昨日、印刷博物館の企画展「天文学と印刷」を観てきた。図録がきわめて充実していて、チラシも面白い。デザインが8種類あって、A4サイズのそれを8枚並べると、A1サイズのポスターとなる。印刷博物館だけあって、印刷も凝っている。

虎頭の舞(甲州台ヶ原)
写真は、阪神タイガースの応援団ではない。甲州台ヶ原宿の、獅子舞ならぬ、虎頭の舞である。
なお、今シーズンのタイガースもずっとオープン戦をやっている感じであったが、2年前の9月のこのブログにも、「阪神タイガースというチームは、半年間、オープン戦を続けているのであった」と書いていた。つまりは、3年間そうなのであった。

コメント

_ sano ― 2018/10/24 21:55

こんばんは。昨日、神戸市公館の庭で、前川さん創作の(ビーグル犬と犬小屋)のモデル?かと思うようなオブジェを見つけました。ビーグル犬は犬小屋から出てきた状態です。小屋は少し壊れかけた感じで、犬の下の地面には、平瓦が垂直に何枚も埋め込まれています。前川さんのこの折紙作品は好きなので、また古代の瓦も好きなので、とても嬉しくなりました。ご報告まで。

_ maekawa ― 2018/10/25 21:12

sanoさん、神戸のその彫刻は知りませんでした。今朝、岩合光昭さんの猫番組で、プリンスエドワード島がでてきて、「赤毛のニャン」というダジャレをもらしたその日に、「緑の切妻屋根のワン」(ビーグル犬と犬小屋の題名です)を思い出すことになるとは、面白い偶然でした。ビーグル犬といえば、こんなネタも。
http://www.origami.gr.jp/~maekawa/tmp/TheBeagles.jpg

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2018/10/21/8979310/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。