地図を見る2018/07/02 21:06

◆久賀島
ユネスコ世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に含まれる五島列島の久賀島。久賀島と言えば教会なのだが、神社もある。その名も折紙(オリカミ)神社である。

下の写真と図は、10年前に訪島したときに書いた『折紙探偵団』の記事『折紙散歩 再訪・折紙の島』からの引用である。折紙神社と折紙鼻(岬)は離れているのだが、折紙鼻の立岩がピンポイントに見える地点が湾の最奥部にあって、神社はその近くにある。その位置関係は、きわめてパズルじみている。

折紙鼻

久賀島パズル

◆日本海∽琵琶湖、渤海+黄海=ラクダの上半身
琵琶湖と淡路島のかたちが似ていることは有名だが、日本海も琵琶湖に似ていることに、最近気がついた。鏡像にすれば、琵琶湖最大の島である沖島に対応する位置に佐渡があるのも面白い。
琵琶湖と淡路島

日本海
そして、渤海と黄海がラクダの上半身になっていることも、最近気がついた。

ワールドカップ2018の公式球2018/07/03 22:22


ワールドカップ2018の公式球の構造

サッカーワールドカップの公式球が、よくある正五角形×12+正六角形×20の切頂二十面体、いわゆるサッカーボール多面体ではなさそうなのが、気になっていた。モザイク状の模様が、「ふつう」とは違うのである。

写真を確認すると、革のかたちも正五角形と正六角形ではなく、図のような凸でない多角形6枚によるものだった。アルキメデスの半正多面体で一番近いのは、切頂六面体(正三角形8面、正八角形6面)であるが、頂点を結んでも、八角形は「正」ではなく、正三角形になる部分もねじれた配置で、切頂六面体にはならない構造である。

『曲線折り紙デザイン』(三谷純)など2018/07/16 08:27

7月24日(7月20日から訂正)発売の、三谷純さんの新刊・『曲線折り紙デザイン』。帯の推薦文を書いた。
『曲線折り紙デザイン』(三谷純)

曲線折り紙の初めてにして決定版の指南書!
数学に裏づけされながらも、アイデアと手を動かすことがものをいう、自由で豊かな造形世界。本書を手に取れば、魅力あふれる曲線折り紙を、豊富な作例とステップ・バイ・ステップの解説で、存分に楽しめます。類書のない画期的な本です。(折り紙作家・前川淳)

◆アトラスオオカブト
アトラスオオカブト
ここでは、案内しなかったけれど、地元でアトラスオオカブトの講習をした。