飛行機に気づく話など2018/01/12 23:50

飛行機雲
◆飛行機に気づく
先週末、ほぼ頭上に、ふた筋の飛行機雲を見た。位置的に、羽田から小松の便だ。そう言えば、夜間に閃光灯を見たことがあったが、いままであまり気にしていなかった。音が聞こえないためである。しかし、ほんとうに聞こえないのか、ということを考えた。

大型機の騒音は、高度1000mで80dB程度(怒鳴り声ぐらい)だそうだ。音の強さは距離の二乗に反比例する。dBは対数なので、距離が倍になると引き算になる。その値は-6dBであるという。大型機の高度は8000mぐらいあるはずで、これは1000mの2の3乗倍なので、80-3*6≒60dBという計算になる。TVの音ぐらいだ。さらに窓の遮蔽を-20dBとすると、40dBとなる。これは、小鳥の声ぐらいだ。日に数便でもあり、耳をすませないと気がつかないのは、納得の概算となった。

◆ひっかかり
登場人物が天文台で働くという関心もあって読みはじめ、いいなあと読んでいた小説。天文の話がでてきたところで、分子の意味で元素という記述が繰り返されていて、うーんとなってしまい、以下、集中して読めなくなってしまった。SFだと荒唐無稽でも案外OKなのだが、これはどういう心の動きなのであろうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2018/01/12/8768537/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。