謹賀新年2018/01/03 16:09

◆謹賀新年
折鶴蒲鉾
あけました。

◆『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(トラヴィス・ナイト監督)
観た。思った以上に「折り紙映画」であった。
「ほんとうに折っただけなの?切っていないの?」(うろ覚え)なんてセリフが出てくる。
紙のサイズに比して大きすぎるモデルがあるのは気になったが、バリントン・J・ベイリー氏の奇妙な小説『宇宙の探究』に出てくる「オリガミ宇宙」のような性質に近いと考えればよいのかもしれない。

このオリガミ宇宙は、わが宇宙がつまらないものに思われるほど豊富な内容を持っている。そこの物体は、折りたたまれることによって、まったく新しい資質を展開するのである。人は(つまり実在は)一枚の紙を正しく折ることにより、椅子、テーブル、飛行機、家屋、果実、花、生きた動物、男や女、その他事実上なんでもつくることができるのだ。(略) 質量も大きさも不変量ではなく、折りたたむことによって増やす(または減らす)ことができるから、一辺一フィートの紙が乗客百人を収容する旅客機にもなりうるのである。
(『宇宙の探求』小隅黎氏訳、『シティ5からの脱出』所収)

ただ、クボの術は、そこまで自由自在ではない。その証拠に、大きなものをつくるための、一種の複合折り紙も出てきた。「おお、ユニットおりがみ!」と内心つぶやいた。

クワガタが重要なキャラクターとなっていたので、15年ぐらい前に展覧会で展示した『クワガタの誕生』の写真を載せておこうかな、と。
クワガタ
『クワガタの誕生』

T3パズル
日本テセレーションデザイン協会の荒木義明さんによる「T3パズル」。裏表で相補的なパターンになっていて、模様を描いて遊ぶ。
折鶴の連続模様をつくってみた。

くろよんロイヤルホテル
暮れに、大町市のくろよんロイヤルホテルで、鳥海太郎さん布施知子さん夫婦と、前川夫婦で会食をした。このホテルにはアートルームというものがあって、その一室は、布施知子さんの作品によって飾られている。
くろよんロイヤルホテルアートルーム


氷柱
くろよんロイヤルホテルで見たつららである。短いつららをノイズとしてそれをばらつきとすれば、長いつららは3σ(標準偏差の3倍)ありそうなので、有意なシグナル(?)である。

つららの語源は、「連なる」にあるという説もあるので、このように連なっているのが、まさにつららの姿なのかもしれない。まあ、でも、古文にでてくる「たるひ(垂氷)」のほうが語源として、本質的のような...

◆円柱をつぶす
円柱をつぶしたさいの錐面と柱面
甘酒の紙パックをつぶしたときにできる、ふたつの錐面と柱面の組み合わせからなる立体が、けっこう面白いなあ、と。紙が厚いので、しわになったり破れたりせず、可展面のまま、変形するのである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2018/01/03/8761348/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。