浅野真一個展 私たちのかたち、林哲夫油彩画展 comme ça2017/09/17 00:50

京都市のギャラリー恵風で開催中の、林哲夫さんと、浅野真一さんの絵画展に行ってきた。

以前、浅野さんから、作品のモチーフにわたしの折り紙作品を使いたいという話があり、今回の展示には、それを使った作品があり、16日は、林さんと浅野さんのアーティスト・トークもあったので、京都に足を伸ばしたのである

林さんと浅野さん、ともに、身の回りの小さなものを繊細に具象的に描く、静謐な絵である。
柳田国男の本の題名に『小さき者の声』というものがあるが、さながら、『小さきの声』、囁きかけてくるような絵だ。
浅野真一個展

浅野さんがモチーフにした折り紙作品は、わたしの「木」と、山口真さんの動物であった。ごく普通の折り紙用紙で折ったという質感が、キャンバス上で、見事に色とかたちになっていた。凝った折り紙作品ではなく、いかにも折り紙というところがよい。

浅野真一『動物園』

浅野真一『森』

紹介が遅くなり、浅野さんの展示は、今日(9/17)まで(しかも台風接近中)であるが、折り紙好きには、ぜひ見てほしい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2017/09/17/8678185/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。