蛇腹で60度他2017/03/06 23:09

◆蛇腹で60度
蛇腹で60度
図のように、直行するシンプルな蛇腹の折り目をつけて、うまく広げると、頂点の角度が、60度、90度、90度、120度の凧型になる。これをタイルのように並べて、正三角形や正六角形を描くと、単純だがとてもきれいだ。金属等の板をこのように加工すれば、敷板になりそうだ。ただ、滑り止めにはよいけれど、ゴミがたまりそうではある。
これの折り目を4個連結したものは、ユニット折り紙になって、6個組み合わせて正四面体状のもの(右下)ができる。同様のものは、1:2の長方形6枚組でもできる。

◆3枚、4枚、8枚組立方体
3,4,8枚組み立方体
立方体の3枚、4枚、8枚組を考えてみた。前例はありそう(同じかどうかわからないが、田中まさしさんがやっていた記憶がある)だが、3枚組が面白い。図は、折り目と外に出る面を示したものである。外に出る面は、右下図のように、テープを巻くようなかたちになる。

『オリガミの魔女と博士の四角い時間』など2017/03/08 21:50

NHK Eテレで、3/11 24:00から4週に渡って放送される『オリガミの魔女と博士の四角い時間』という番組に、いろいろと協力した。わたしの作品やわたし自身も登場し、盛りだくさんな内容である。

◆重版出来!
先日、昨年秋刊行の『折る幾何学』の増刷のしらせがあった。変わった本を買ってくれた奇特な読者に感謝である。

◆確定申告
確定申告の書類の作成中、以下の疑問が浮かんだ。
 私小説作家は、どこまでが必要経費になるだろうか。
逆に、交際費が必要経費になるのというのも、前から疑問なのだけれど。

◆瑠璃唐草
瑠璃唐草
八ヶ岳山麓はまだ春という感じはしないが、東京(郊外)を散歩すると、道端にオオイヌノフグリの花をよく見かける。可憐なこの野の花の、あんまりな名前は、牧野富太郎の命名に基づく。彼が、近縁種に、実のかたちからイヌノフグリ(犬の陰嚢)と名づけた。その後、イヌノフグリ自体は希少種となってしまったが、明治以降の帰化植物であるやや大ぶり(と言っても、ちいさい花)のこの野草がその名となったのである。別名がいくつかあって、そのひとつは瑠璃唐草というらしいが、検索してみると、ネモフィラという花も同じ名前で呼ばれるのでややこしい。

花のかたちを見ると、3弁がほぼ同じまるいかたちで、1弁だけやや細長く、全体として左右対称になっている。そう言えば、と思い出したのは、そのむかし、パーソナルコンピュータに初めて触れたときに、数式を使って花弁を描いたことである。なつかしくなって、「瑠璃唐草」もそれっぽく描いてみた。ただ、きれいな式にすることはできなかった。
パラメットリック曲線

◆『La La Land』(デミアン・チャゼル監督)
『La La Land』のLAは、なるほど、Los AngelesのLAでもあったのかと、先日、LA観光案内でもある同映画を観て腑に落ちたのだが、この言葉が辞書にも載っていることを見つけて驚いた。

la-la land:ロサンジェルス、またはハリウッド。特に、その住人や関係者のライフスタイルや振る舞いに関すること。空想的な状態、または夢の国。(The New Oxford American Dictionaryから)

LA観光映画なので、グリフィス天文台もでてくる。『理由なき反抗』や『ターミネーター』にもでてきたあれだ。LAと星空といえば、思い浮かぶ話がある。阪神淡路大震災のちょうど1年前、ノースリッジ地震で大停電が発生したとき、市民から「空に変なものが見える」という通報が相次いだという都市伝説である。変なものの正体は、普段は街の灯りで見えない天の川である、というのがこの話のオチだ。(たとえば、「ここ」参照) じっさいに数件は通報があったのかもしれない(しかも911ではなく、それこそグリフィス天文台に)。アシモフの『夜来たる』を連想させる話だ。『夜来たる』は、太陽が沈まない六重太陽系の惑星に、2000年に一度の夜が来る...古文書によるとこの星の文明は2000年ごとに滅亡するのだが...というSFである。

◆錯視ピラミッド、別組みの3枚組み立方体、そして、ロングテイル・リザード
錯視ピラミッドほか
一昨日の蛇腹タイルのひろげかたをすこし変えて、うまい具合の角度で撮ると、ピラミッドに見えるということに気づいた。また、3枚組立方体の組みかたをすこし変えると、面に継ぎ目のない立方体になるのであった。そして、蛇腹タイルをいじっていたら、尾の長いトカゲになった。じっさいにこんな感じの尾のトカゲがいることが、「long tail lizard」で検索すると出てくる。

◆ゴジラ雲
ゴジラ雲
今日帰宅時に、「雲がゴジラになっている!」と、急いで写真を撮ったのだが、見る間にかたちが変わってしまった。もっとゴジラぽかったのだが、どちらかというと、リスになっている。なお、山の灯りは、清里のスキー場である。

突然五七五七七2017/03/22 22:25

頂法寺(六角堂)

わが思う心のうちは六の角ただ円かれと祈るなりけり
頂法寺(六角堂)詠歌

先週末、折紙探偵団関西コンベンションに参加したさい、京都の六角堂を初めて参詣した。献灯台とロウソク入れも六角形だった(写真下)が、消防水栓のカバーは八角形だった。写真右上は、京都の中心と言われる境内の「へそ石」である。

観測所の雪(3/22)

うつつにしもののおもいを遂ぐるごと春の彼岸に降れる白雪
斎藤茂吉
(この世界で、なにかの願いをかなえるかのように、春の彼岸に降る雪だ)