カタツムリなど2017/02/14 22:09

◆几帳面
わたしは、几帳面なところがある。ただ、どうも肝心なところが抜けている。

ちなみに、「几帳面」は、もののかたちから来た言葉である。几帳(とばりを垂らす家具)の柱につけた細工のことで、より一般的に、木材の辺の面取りの名称となっている。面取りには、丸面、角面などのほか、銀杏面というものもある。ただし、イチョウメンではなく、ギンナンメンである。
几帳面など

◆カタツムリ
最近、動物など具象物の折り紙作品をあまり創作しておらず、講習会向けの未発表作品を考えて、ちょっと困った。幾何作品ばかりだとバラエティーが乏しくなってしまう。ちょうど螺旋の造形を考えていたので、気分転換してカタツムリに応用したら、なかなかかわいらしい作品ができた。
カタツムリ

◆デュアルモジュール多面体
最近の幾何作品のお気にいりは、対称性のあるふたつの部分を組み合わせる立体である。とくに十二面体の、atan(1/√6)=22.2...≒22.5=90/4という近似が面白い。
デュアルモジュール多面体