ツクツクボウシとヒグラシ2016/08/21 09:18

暦法新書』(いわゆる宝暦暦)の七十二候・寒蝉鳴
数日前、今年初めて、ツクツクボウシの声を聞いた。そして一昨日、2週間ぶりに木の多い三鷹の天文台に出勤したところ、彼らの声が、そこかしこから聞こえるようになっていた。まさに、七十二候の「寒蝉鳴」だなと思った。

太陽の位置により1年を24で区切る季節の指標を二十四節気と言い、それをさらに三分割するものを七十二候という。地球の公転に従うものなので、毎年の変動は閏年のずれぐらいの、一定した指標だ。大暑、立秋、処暑などの二十四節気は、理科年表にも出ていて、日常的にも使われる。いっぽう、七十二候は、いまや歳時記好きぐらいしか気にしないものになっている。

二十四節気のひとつである立秋は8月7日頃で、処暑が23日頃である。そして、立秋から処暑までの3分割の2番目(次候)を、七十二候で「寒蝉鳴」という。これは8月13日あたりで、秋の蝉が鳴くという意味である。ぴったりじゃないか、と思ったわけである。

しかし、である。寒蝉鳴は「ひぐらしなく」と訓ませることが多い。これは変な話なのだ。

中国の七十二候を基にして、本朝七十二候がつくられたのは、17世紀末頃、渋川春海によってだ。彼の居住地である江戸において、立秋過ぎから鳴き始める蝉はツクツクボウシである(わたしには、現代の東京しか分からないが)。ヒグラシ(カナカナ)は、そもそも平野部には少ない。そしてなにより、梅雨明け前から鳴く蝉である。当時から気候や生息環境は変わっているが、それでも、寒蝉はツクツクボウシと考えたほうが合理的だ。ラフカディオ・ハーンが『Cicada』(蝉)というエッセイのなかで、「死者の祭日のすぐ後から、ツクツクボウシは歌い始める」と書いた通りである。(ただし、七十二候と違って、太陰太陽暦7月15日である盂蘭盆会は、太陽歴換算で毎年の変動がある:例えば今年は8月17日で来年は9月5日である)

ツクツクボウシもヒグラシと総称するということも考えられなくはないが、ヒグラシは早朝と夕暮れの薄明の時に鳴くのでその名があるので、無理がある。

ということは前から思っていたのだが、ツクツクボウシの声を聞いたその日の昼休み、日本一の暦関係の蔵書(国立天文台図書室)が目の前にあるということに気がついて、ざっと調べてみた。

渋川春海による『貞享暦』(1685)においては、「寒蝉鳴」は、処暑の初候(8月23日頃)であった。そして、後の『暦法新書』(いわゆる宝暦暦:写真)(1755)において、「寒蝉鳴」は、いまに連なる立秋の次候(8月13日頃)に移されていた。移動はあるものの、その違いは大きくない。興味深いのは、『貞享暦』と『暦法新書』の原本に、振仮名がないことであった。考えてみれば、当時の漢文の公文書に振仮名があるほうが不思議だ。すなわち、「寒蝉鳴」は、「カンセンナク」とでも読むもので、ヒグラシと特定できないものである。予想通りであった。ところが、明治期の『略本暦』になると、「寒蝉鳴」のふりがなに「ヒグラシナク」とある。「誤解」の根は、けっこう古そうである。

ちなみに、和暦のもとになった中国の七十二候では、「寒蝉鳴」は、立秋の末候(8月18日頃)である(『天文の辞典』平凡社 )。ツクツクボウシもヒグラシも大陸にも分布しているが、彼の地でも秋に鳴き始めるのは、ツクツクボウシ(蜺)のようなので、そこでも寒蝉はツクツクボウシと見るべきである。

ヒグラシの哀しげな鳴き声、夏至の頃から鳴くが秋までも鳴くといったことが、混乱を生んだのかもしれない。ツクツクボウシよりヒグラシのほうが詩的な声音(?)である、というような話かもしれない。ツクツクボウシは、初秋の蝉ではあるが、その鳴きかたは元気発剌で、鳴き終わりは、アニメーションキャラクターのウッディ・ウッドペーカーみたいで、晩夏や初秋の哀愁というより、残暑を象徴する趣きが強い。しかし、というか、むしろそれゆえ、以下のような句は、岩ならぬこころに染みいる名句になっている。

また微熱つくつく法師もう黙れ
   川端茅舎

鳴き立ててつくつく法師死ぬる日ぞ
   漱石

よし分かった君はつくつく法師である
   池田澄子

なお、今回webを検索して知ったのだが、八丈島には蝉はたった一種、ツクツクボウシしかいないそうである。彼らは、本土と違って、夏の初めから鳴いているという。

ヒグラシを詠じたものなら、山口誓子の句と、山村暮鳥の詩が好きだ。
長時間ゐる山中にかなかなかな
   山口誓子

誓子よむ切れ字のかながなかなかかな

山村暮鳥のものは、以下である。(『雲』山村暮鳥 より)
ある時

またひぐらし(虫偏に車)のなく頃となつた
かな かな
かな かな
どこかに
いい國があるんだ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2016/08/21/8157187/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。