ドデカキューブなど2013/09/08 14:00

アン・ラヴィン作、鋼鉄の折り鶴
鋼鉄の折り鶴
折紙探偵団コンベンションのオークションで入手した品のひとつで、金属溶接でできた折り鶴。凶器である。

棒状渦巻銀河
棒状渦巻銀河
野辺山観測所研究員のMさんから「棒状渦巻銀河(NGC1300的なもの)をつくってください」というリクエストがあったので、即席でつくってみた。
「シェー!ミーは棒状渦巻銀河ざんす」

「計算折紙の世界」展
先週末、やっと「計算折紙の世界」展(東京大学 駒場博物館)を観てきた。舘知宏さんのキュレーションに深く納得。

多面体乱舞
『八重の桜』のタイトル映像が、多面体の乱舞になっていて、「おお、菱形三十面体、ねじれ立方体、立方八面体」などと声に出してよろこんだ。

ドデカキューブ
ドデカキューブ
15cm用紙6枚組で一辺7.5〜8.8cmというかなり大きい立方体が組めるユニット折り紙のシリーズができた。名付けて「ドデカキューブ」。大きいという意味だけではなく、裏地が白く抜ける部分が12個あること、すなわち、ギリシア語起源の12のを意味する接頭語dodecaにかけているという、例によっての「伝わりにくいダジャレ題名」である。『折紙探偵団』次号に掲載する作品も、「立包帯、立風体、立帆体、パハ立方体」とか、ダジャレだ。

ふたつの久慈川
朝ドラの舞台を地図で確認していて、あらためて久慈川はややこしいなあと思った。岩手県久慈市に河口のある久慈川と、茨城県日立市・東海村にそそぐ久慈川があるからだ。直線距離で400kmも離れているのだけれど、やっぱりややこしい。茨城県久慈郡大子町に2年間住んだことのあるわたしには、後者がThe・久慈川である。この、常陸の久慈川の河口付近(東海村側)に「石神」という地名があるのを発見し、柳田國男の『石神問答』にでてくる「シャクジ」地名と「クジ」は関係があるのかもしれないと妄想した。
岩手の久慈のほうは、駅前にある、水戸芸術館のタワー(磯崎新)や、脇田愛二郎さんの彫刻に似ているモニュメントが気になる。脇田愛二郎さんは「パブリックアート愛好家」にはおなじみの彫刻家。ただ、久慈駅前のものは、たぶん氏の作品ではない。脇田作品よりやや単純で、正八面体を積み上げた形状だ。このタイプの構造物は街灯にも使われていて、たとえば、東急田園調布駅周辺にもある。

『東北の伝承切り絵』
東北の伝承切り紙他
三陸といえば、南三陸の伝承切り紙に興味があって、現地で実物を見てみたいとずっと前から思っている。『祈りのかたち-宮城の正月飾り』(宮城の正月飾り刊行会 )は絶版だけれど、『東北の伝承切り紙』(千葉惣次、大屋孝雄 著)は昨年出た本で、写真が美しく、紙造形に興味のあるひとに強く推薦。

『ノックス・マシン』
読みたい本がたまっていて、『ノックス・マシン』(法月綸太郎)をやっと読んだ。クラシカルな探偵小説好きで『知の欺瞞』が愛読書である者には、ツボだった。造語の「ソーカライズ」などに、にやにやである。『知の欺瞞』の著者・アラン・ソーカル氏に由来する「自然科学の用語を無理なアナロジーとして使うこと」を指す言葉。円城塔さんも似たネタを使っていたので、どこかで、法月さんと円城さんの対談をやってくれないかなあ、などと。

コメント

_ 尾崎織女 ― 2013/09/13 00:51

生まれも育ちも兵庫県で、東北はもちろん関東にも住んだことがありませんが、私も“久慈”といえば、常陸の久慈川を想い起こします。学生時代、小学校で“総合学習”が始まる前のこと、「久慈の漁業」というテーマですばらしい総合学習指導を展開している茨城県の小学校のことを何かの本で読んだことがあり、それはそれは感動しました。今、その本のタイトルを思い出したくて、うんうん唸っておりますが、脳の神経細胞にピッピッと電気を流したとしても、思い出せそうにありません・・・。
あと、「久慈」といえば、阪神タイガースの久慈照嘉^^;;
すみません・・・。

『東北の伝承切り紙』、ご紹介下さりありがとうございます。塩釜の漁村の神棚に飾られた切り紙細工を「アサヒグラフ」か何かで見て以来、その美しい光景が頭の中に住みつき、まるで自分がその風景を見たかのように記憶してしまっているようです。絶版になっている『祈りのかたち』は図書館で探すこととして、『東北の伝承切り紙』の方は、さっそく注文いたしました。ご紹介に心より感謝。

_ maekawa ― 2013/09/18 01:09

尾崎さん、お役にたってなによりです。
三陸の伝承切り紙をわたしが初めて知ったのは、たしか、古本屋で見つけた、古い(1977)『季刊・銀花』の「日本の伝承切り絵」という特集でした。

_ S ― 2013/09/24 23:14

はじめまして
Sと申します。
先生の著書、「本格折り紙 入門から上級まで」すごく面白いです。
質問があるのですがよろしいでしょうか?
自分は最初から順番に折ってきたのですが、「孔雀」の作品で詰んでしまいました。
工程57~59の所。
工程59で中割り折りのマークが二つありますよね、それが一つになってしまうのです。二つ目の出っ張り?を作ろうとしても一番手前の模様が変わってしまいます。
素敵な作品なので、なんとか完成させたいです。
お願いします。

_ maekawa ― 2013/09/26 17:25

Sさん、拙著をおたのしみいただきありがとうざいます。
59図で中割り折りにする襞になるのは、下のアドレスにおいた図の赤い線の部分です。58図の反対側にもあります。なお、56図-58図は、飾り羽根の「扇の要」をまとめる折りなので、省略しても完成形になります。

http://www.origami.gr.jp/~maekawa/tmp/5-2-57.jpg

_ S ― 2013/09/27 11:14

こんにちは
お返事ありがとうございました。
添付してある画像を参考に折ってみたのですが、やはりどうもうまくいきません。工程57の引き剥がす部分は一番上の色が着いている所で合ってますよね?
そこで工程56~60までを飛ばして折ってみたのですが、一応完成形にはなりました。
今、「孔雀2」を折ろうと思っているのですが、飛ばして折っても問題無いでしょうか?
長文失礼しました。

PS
最近、「龍」を折ったのですが、かっこいいですね。しばらく見惚れてしまいました。

_ maekawa ― 2013/09/27 23:45

Sさん。
ひきはがす部分、あってます。
56-59、省略しないほうがよいですが、省略しても、孔雀2もかたちになります。

_ S ― 2013/09/28 11:36

何度も質問してすみません。
工程59で内側から外側に中割り折りをしますよね。そこに使う襞は工程56で既にある物を使うということですか?それとも工程57~59で新たに襞を作り出すということですか?

_ maekawa ― 2013/09/28 13:09

57-59図(上の画像の57、58赤い線)でできる襞です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2013/09/06/6972975/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。