『日本児童遊戯集』と『Cassell's book of sports and pastimes』2012/10/29 22:49

『日本児童遊戯集』から
先日、第53回神田古本まつりに行って来た。いくつか収穫があったが、そのうちのひとつが、『日本児童遊戯集』(大田才次郎)(東洋文庫の復刻版)だった。このブログでも参照したことのある本だが、ワゴンセールで美本を廉価で購入した。

これをパラパラとめくっていると、「とんび」という項目で、いまでいう紙飛行機が掲載されていることに気づいた。知るひとぞ知る話だったようだが(たとえば、「趣味際的模型航空」)、わたしは今回初めて知った。

ここでまず興味深いのが、『日本児童遊戯集』の原著が出版された年である。明治三十四年(1901年)なのである。ライト兄弟の初飛行(1903)よりも前で、森鴎外が『小倉日記』の中で、「飛行機」という言葉を初めて使ったのと同じ年なのである。「紙飛行機」という名前ではなく、「とんび」という名前なのは、さもありなんなのである。

なお、紙飛行機の起源に関しては、20世紀よりも前に、「Paper Darts」というものがあったことが知られている。たとえば、1882年の『Cassell's book of sports and pastimes』という本に、はっきりとした図がある。この本も今回初めてちゃんと見たのだが、ほかに、Paper Bellows, Paper Boat, Paper Boxes, Paper Chinese Junk, Paper Hat, Paper Parachute, Paper Purseが載っていて(813ページから)、折り紙の歴史資料としてきわめて興味深い。

明治期に西洋から伝わった「折り紙」は多いので、「とんび」も、そのひとつ(くちばしをつけたのは日本での改変か?)である可能性は高い。

さて。これをじっさいに折ってみたのだが、展開図も完成図も正確な描写とは思えず、頭をひねった。以下の説明もわかりにくいが、上掲写真のような、くちばしつきの「やり飛行機」であろうと解釈した。これは、よく飛ぶ。
製法は長方形なる一方を折り、その折りたる両端を又内方に折り、その尖端を二折して嘴を作り、その折れ込まざる方に半折して、再びその脊髄に当れる所より両方に同じ折り返しをなす。このとんびを高処より投下せば急に落下せず、いと興あり。

また、「郵書投げ」という遊びも興味深い。(上掲写真参照)
近年流行の遊戯にして、郵書投げと云えり。その法は紙を、かくの如く畳み折りて、向いに矢の如く投じ、その間数の遠きに達するを勝とす。
(東洋文庫の復刻版では、仮名遣いは新かなになっているので、それにしたがった)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2012/10/29/6616953/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。