凸型ソーサー(命名:アソーサー)2012/04/02 12:35

凹型ソーサー
某喫茶店で。
ソーサー(受け皿)は、熱い茶や珈琲を冷ますために注いでつかうものだったらしいが、現在では、コースターと同じ役割になっている。茶碗を安定的に設置する機能において、中心部はへこみである必要はない。この発想はなかった。初めて見た。

しかし、saucerという英単語は、「浅いくぼんだ土地」という意味も持つようになっているらしいので、これをソーサーと言えるかという疑問は残る。
阿蘇のような複式火山を思わせるので、「阿蘇山様複式火山型受け皿」、略して「アソーサー」と呼ぶことにしたい。

n進法ジョーク2012/04/05 12:40

Wikipediaの「数学的なジョーク」という項目で、以下のようなn進法に関するジョークを見た。

・プログラマはハロウィンとクリスマスを混同する。(25) dec= (31) octだからだ。
(野暮ながら解説:10進法の25は、8進法の31に等しい)

・世の中には10種類の人間がいる。2進法を知ってる人間と、そうでない人間だ。
(野暮ながら解説:2進法の10(イチゼロ)は、10進法では2である)

わたしもn進法のネタを考えてみた。なお、16進法は、数字を16個必要とするので、0123456789ABCDEFを使う。

・その1
天才数学者・ラマヌジャンのエピソードで知られる「タクシー数」(1729)というものがあるが、3243もタクシーに相応しい数である。16進法ではCABだからだ。

・その2
店員「The fee is 4078 yen.」(料金は4078円です)
プログラマ「FEE must be 4078.」(FEEは4078に決まっているよ)

・その3
「いくら安産の犬でも101匹は多すぎない?」
プログラマ「本当は5匹だな。2進法だ。」

・その4
「FF(早送り)です」
「ファイナルファンタジーがどうしたの?」
音楽家「フォルテシモ?」
プログラマ「255?」

ステンドグラス「メランコリアの多面体」2012/04/09 21:25

ステンドグラス「メランコリアの多面体」
一昨日、ステンドグラス作家の田久保康子さんの個展を観覧し、「メランコリアの多面体」(写真下)を購入した。デューラーの版画・『メランコリアI』に描かれている多面体である。ありがたいことに、これは、わたしのすすめがあって製作したものだという。

ほかの多面体も、ねじれ十二面体、ねじれ立方体、二十・十二面体、斜方二十・十二面体など(写真上)、多面体好き感涙、というものであった。

田久保さんとは偶然知り合ったのだが、折り紙界でも有名な化学者・細矢治夫さんの教え子で、「多面体界」(?)は、イッツ ア スモールワールドなのであった。

丸石神 その332012/04/09 21:31

藤垈の水芭蕉と丸石神
昨日、笛吹市藤垈(ふじぬた)で水芭蕉を見てきた。水芭蕉の開花時期等を調べる過程で、垈(ぬた)という漢字が、山梨県の地名でしか使われない「地域文字」であるということを知った。(国立国語研究所のこのページの「漢和辞典にない文字」の項 参照)

垈のつく地名と言えば、韮崎市相垈(あいぬた)にすばらしい丸石神があるが、藤垈にもみごとな丸石神があった。藤垈のそれは、「火の見櫓・丸石神隣接の経験則」に合致して、火の見櫓の近くにあったが、ふと、「垈地名・丸石神存在の経験則」なるものが頭をよぎった。まあ、これは成り立たたないと思うが、地域文字などというものがあること自体がミステリーなので、想像がふくらんだ。他には、甲斐市双葉町大垈、南アルプス市加賀美垈原、市川三郷町垈、南部町成島大垈といったものが、検索にかかる。

「七転び八起き」について2012/04/12 00:54

七転び八起き
「七転び八起き」という慣用表現について、七回転んでなんで八回立ち上がれるんだ? と思ったことがあるひとは多いはずだ。ふつう、八回起きるためには、八回倒れなければならない。しかしこれは、倒れた状態を初期状態と考えることで、理解が可能になる。「起-転-起-転-起-転-起-転-起-転-起-転-起-転-起」となるからだ。つまり、この表現の含意として、「ひとはみな初めは倒れている、まずは立ち上がれ」ということが言えるのである。教訓である。

以上、合理的解釈をするならばそう考えるほかない、と、まあ、ずっと思っていたのだが、「転」から始めての繰り返しのパータンで、転..起-転-起-起というように、「起」が連続するような操作を想定することは難しくないと気づいた。次のようなことである。(図参照)

ひとつの端点を固定した線分の回転操作を考える。
転倒操作:固定していない端点が操作前より低くなる回転操作
起立操作:固定していない端点が操作前より高くなる回転操作

このように定義し、たとえば、以下の操作を繰り返す。
操作1:右周りに84度回転
操作2:左周りに90度回転
初期状態:回転角左に91度

すると、7番目の左回転と8番目の右回転は、ともに起立操作となり、「転-起-転-起-転-起-転-起-転-起-転-起-転-起-起」となる。同じ操作の繰り返しでありながら、8番目から転倒操作と起立操作が入れ替るのである。

教訓は以下である。
立ち上がった、前進したと思っていても、同じことをしていると、じつは倒れていたり後退してる場合がある。うーん。もっともらしい。

刺繍の話2012/04/12 01:18

一時期、不動産業に手を出していたA・A・エイブラムスの配下が、家賃未払いの部屋に踏み込んで発見したのは、多くの銀線、銅線、ペンチに半田ごて、鋏に針に糸、毛糸の山、銀粘土に糊に折り紙といった雑多な細工道具の山々と、それに負けじと聳え立つ原稿の山であったという。
『道化師の蝶』(円城塔 著)

引用のように、謎の多言語作家・友幸友幸(トモユキトモユキ)氏の暮らしの痕跡に折り紙がでてくる。なにに使ったかはわからず、また、作中では、折り紙よりも刺繍のほうが重要なモチーフになっている。

たしかに、刺繍のほうが、からみあった世界-網-という、作品世界の描像にふさわしい。折り紙も幾何学的だが、刺繍も幾何学的だ。

思えば、小学生の頃、家庭科では刺繍が一番好きだった。クロスステッチで絵を描くのは、いまで言えばアイコンのドット絵みたいなものだったし、一番好きだったフェザーステッチは、あやとりにも似ていた。直接刺繍に関係ないことでは、「ブランケットステッチの歌」も思い出される(わたし自身がつくったのか、友だちがつくったのか記憶がない)。これは、ふたり向かい合って、校庭の雲梯にぶらさがって、「ぶらーん。ぶらーん。ブランケットステッチ」と歌いながらにらめっこをして、笑って落ちたほうが負けという、意味不明なゲームのための歌である。しかし、こうして書いてみると、ほんとうに意味不明である。11-12歳の男子は、みなアホだ。

セパタクローのボールとテトラポッド2012/04/15 23:33


セパタクローのボール的なもの
「セパタクローのボール的なもの」
角度15度ベースの簡単な折り目から、けっこう面白いユニット折り紙ができた。写真左上から、30個組み、12個組み、モジュール単体、3個組み、6個組みである。
編み込んだような感じがセパタクローのボールのようでもあり、6枚組み、3枚組みは、「ウールマーク」にも似ている。

テトラポッド
「 テトラポッド」
まずは「まきびし」(写真左上)ができた。このかたちは、テトラポッドにも似ている。それを、ユニット折り紙の基本的な技法でつくってみたものが、写真右上(正方形用紙6枚組)である。きれいにできたが、構造が単純すぎて、パズル的な面白みはいまひとつだ。同じかたちを二枚組にすると、がぜん面白くなる。正方形用紙でも可能だったが、変則用紙(写真下)のほうが気にいっている。

消波ブロックのことなど2012/04/26 12:48

正方形用紙の二枚組の「テトラポッド」のよいものができた。ほかにも数点新作。最近、帰宅してから、毎日折り紙をしている。

ところで、テトラポッドというのは、不動テトラという会社の商品名で、一般名称は消波ブロックである。そして、消波ブロックには、さまざまなかたちのバリエーションがある。以前、舘知宏さんから教えてもらった日本消波根固ブロック協会(にほんしょうはねがためブロックきょうかい)(なんか、すごい名前だ)のサイトにあるブロック立体図一覧(抜粋)(PDF)が、面白い。

今回の折り紙モデルのような、四面体状の「四方錐ブロック」のほかにも、多数の面白いブロックがある。わたしが実物を見た記憶があるのは、「中空三角ブロック」や、「六脚ブロック(A形)」だが、ほかにもいろいろだ。

▲突起が5個の「ペンタコン」。ゴンではなくコンである(コンクリートのコンだろう)。四角錐台三つと、三角錐台がふたつという構造だ。

▲三本の角柱がXYZに配置された「三柱」は、ペンローズの三角形みたいにも見える。

▲「ガンマエル」は、座標で示すと(0, 0, 0) (1, 0, 0) (1, 1, 0) (1, 1, 1)という構造で、 名前の由来はギリシア文字のガンマ(Γ)と英字のLだろう。

▲「三基ブロック(C型)」は、四角柱に三角柱が4つくっついたものだが、向かい合った三角柱の向きが異なるところに味がある。

▲「アクモン」「ドロス」「シーロック」は、プロパジエン(CH2=C=CH2)などのアレンの分子構造になっている。アクモンとかドロスの命名の由来は見当がつかない。

そして、どんな世界にもマニアはいるもので、「消波ブロックマニアのサイトです」という沿岸防衛体研究所なるサイトもあった。日本消波根固協会の「ブロック立体図一覧(抜粋)」には掲載されていなくて、このサイトに載っていた「グラスプ  Pタイプ」もいい。これはエタン( CH3−CH3)の分子構造だ。

テトラポッドのポッドはiPodのpod(さや)とは違って、gastropod(腹足類)のような、脚を意味するpodであろう。トライポッドというと「三脚」のことになる。しかし、SF好きが「トライポッド」で思い浮かべるのは、H.G. ウェルズの『宇宙戦争』(ふたつの世界の戦争)にでてくる火星人の兵器だ。さらに、SFの古典で三本脚と言えば、ジョン・ウィンダムの『トリフィド時代』の肉食歩行植物「トリフィド」がある。これは、トリポッドではなくトリフィドだ。
というふうに連想が広がって思い出したことがある。『トリフィド時代』が、大流星群を見たひとたちが盲目になるということから話が始まっていたことである。5月21日には金環日食がある。肉眼や、サングラスだけで太陽を見るのはたいへん危険なので気をつけましょう。