道祖神祭り禁止と擬洋風2010/10/04 22:55

舂米学校
 高根町村山北割新井の丸石神で見た「廃仏毀釈」に関連して、『神々の明治維新 -神仏分離と廃仏毀釈』(安丸良夫著)を読んだ。引用されていたものを読んだことがあり、以前から知っていた本だったが、これは名著だった。30年前の出版なのだが、コンパクトな記述の中に、興味深い事実、示唆の多い考察が満載であった。

 道祖神祭りの禁令に関しても記述されていたが、明治五年の山梨県の布告で、門松や追儺(節分の豆まき)なども禁止されたというのは、驚いた。
 このような禁令は、当時の県令(現在の県知事にあたる)であった藤村紫朗氏による。(追記:藤村紫朗氏が県令(権令)になったのは、明治6年からであったが、藤村紫朗氏が民俗信仰を抑圧したのはたしかである)

 この藤村という名前に聞き覚えがあった。山梨には、明治初期の「擬洋風建築」、すなわち、日本の職人が建てた西洋風の建築が多いのだが、それらが、このような建築を奨励した県令の名に因んで「藤村式」と呼ばれているのである。
 擬洋風建築では、信州松本の開智学校が有名だが、山梨の津金学校や舂米(つきよね)小学校も、なかなか味がある。たとえば、写真の富士川町増穂にある舂米小学校である。中央に六角形の鐘楼のような「太鼓堂」があり、そのてっぺんにシャチホコがひとつだけついているというものだ。愛らしいが、どこか奇妙な建築である。
 民俗信仰を根こぎにするかのような禁令を出した「開明派」の県令の名をとどめ、じっさいに文明開化の拠点であった学校。それが、いま見ると、国籍不明であることによって、きわめて「日本的」に見えるというのは、じつに面白い。

ヤマボウシの実2010/10/06 08:24

ヤマボウシの実
 写真は、数週間前に、知人の家の前でみたヤマボウシの実。直径2cmほどで、突起のあるきれいな球形になっている。

 このようなかたちを見ると、幾何立体をあてはめてみたくなるのが、「多面体者」の性だ。突起の数を数えてみると、40数個であった。頂点が40数個の多面体というと、正二十面体の面を四分割することからつくられる八十面体(下図左。辺数:120、頂点数:42、面数:80)がある。バックミンスター・フラーによる「ジオテック・ドーム」に見られるかたちで、「おお、あれか」と、そのときは納得した。

 しかし、いまさっき写真を確認してみると、そのかたちからのずれがけっこう大きいこともわかった。この八十面体の場合、五角形になる領域は、下図中央のように頂点で接するかたちになるが、じっさいの実は、五角形が辺で接している部分もあり、「軸」の部分は七つ割りになっているようにも見えるのである。このかたちは、図右のような配置に近いかもしれない。八十四面体で、頂点数は44である。

ウズマク広場2010/10/15 00:12

ウズマク広場
 先日、南相木村(長野県南佐久郡)の温泉施設に寄ったさい、近くに「ウズマク広場」なるものを発見し、足をのばした。

 堤の高さ130m余りの石灰岩の白い壁が眩しいロックフィルダム(南相木ダム。揚水発電用。2005年完成)の下流部直下につくられたランド・アートである。

 写真は、ダムの上からの俯瞰。渦巻き状の石積みのある築山、M51銀河のような水路、「スライド・マントラ」(イサム・ノグチ作の滑り台)のようなトイレという、三つの螺旋(渦巻および弦巻)からなっているのがわかる。建築家・小宮功、現代美術家・笹口数、ランドスケープアーキテクト・古内時子の三氏による設計で、螺旋好きは、一見の価値がある。螺旋好きって、なんだかわからないけれど。

石子順造と丸石神2010/10/17 13:52

石子順造と丸石神
 四谷のCCAAアートプラザランプ坂ギャラリーで行われたシンポジウム「石子順造と丸石神」というイベントを観てきた。中沢新一さん、椹木野衣さん、本阿弥清さんの講演と、鼎談である。
 丸石神をテーマにしたシンポジウムがあるということ自体、丸石好きとしてたいへんうれしかったのだが、講演は淡々と聴いていた。主に評論家の石子順造さんの再評価という動機による会なので、丸石神「自体」の面白さが語られることはあまりないだろうと予想しており、内容はその想定内であった。

 わたし自身の丸石神への関心も、「折り紙のマージナルアート性→キッチュ論への興味→石子さんの著作を通して丸石神を知る→山梨でじっさいの丸石との遭遇し、幾何アート好きの琴線に触れる」ということで、石子順造さんの影響なのだが、石子さんの評論を読み返すと、論旨は錯綜しており、正直、情熱は伝わるが共感はできないことのほうが多い。

 今回の会で一番面白かったのは、中沢新一さんが紹介した、氏の父上にして民俗学研究者の中沢厚さんのエピソードだった。石子さんらを案内した中沢厚さんは、丸石神を前に「近代を超える。近代を否定する」等々と口角泡を飛ばして議論する彼らを見ながら、「愛情のある皮肉」を込めて、「あのひとたちは近代に反発しているけれど、近代的なひとだねえ」と言ったというのだ。

 鼎談の中で椹木さんが、「石子さんは、反近代、非近代を考え続けるがゆえに、逆に近代に呪縛されていたのかもしれない」といったことを発言されていたが、そうした強迫的な心性の解毒剤として最も有効なのも、わたしには、中沢厚さんのような態度としか思えない。それは、じっさいに現場で多くの実物に接し、さまざまな視点からそれについて考えているものの強みである。また「外」にいるものの強みである。中沢厚さんも丸石の美しさを語るが、美術の「外」にも「美しい」ものがあるのは、考えてみれば、当たり前なのである。

 会に、質問の時間がなかったのは残念だった。

三鷹・星と宇宙の日2010/10/17 13:56

 10月23日(土曜)、三鷹の国立天文台本部の特別公開三鷹・星と宇宙の日の野辺山宇宙電波/太陽電波観測所のブースで、折り紙教室をします。

マーティン・ガードナーの生涯を祝う会2010/10/22 01:20

マーティン・ガードナーの生涯を祝う会
 21日、G4G-CoM in Tokyo(マーティン・ガードナーの生涯を祝う会(東京会場))というイベントに参加した。(関連記事 朝日新聞
 今年5月に亡くなったガードナー氏の誕生日であるこの日に、世界各地でいっせいに、彼の生涯を祝う会(追悼ではなく)があったのだ。

 思えば、今年も、敬愛する先人や、愛読していた作家、友人が亡くなった。
マーティン・ガードナーさん、ベノワ・マンデルブロさん、森毅さん。ミステリ作家の北森鴻さん。「人は死なない」と断言したアーティスト・荒川修作さんも。知人では、オリガミアーティストのエリック・ジョアゼルさん。

 「生涯を祝う会」と書いて、「生涯」という言葉に、なぜ、「涯」という文字が使われているのかと気になった。「果て」ということなのだろうが、字の旁(つくり)が同じ「崖(ガケ)」を連想せざるをえない。地面が無くなって、奈落が広がる感じである。

 辞書を見ると、「涯」は、たしかに崖と同様の意味を持つ字なのだが、サンズイがあるように、水ぎわ、水辺という意味であることもわかった。
 頭の中の風景は、断崖絶壁から、波が寄せて返す海岸というものに変わった。そして、波に洗われる岬の映像に結びついている、ジョン・ダンの『誰が為に鐘は鳴る』を連想した。
誰も島ではない
それだけで充足するものではない
誰もが大陸のひとかけら
大地の一部だ
一塊の土くれが海に洗われれば
欧州大陸であれ狭くなってゆく
岬が失われるように
君の友や君自身の土地が失われるように

誰かの死は わたしをも削ってゆく
それは わたしが人類の一部だからだ
だから 訊くことなどない
あの弔いの鐘は誰のために鳴るのかと
それは君のため鳴っているのだから
(John Donne 『For Whom the Bell Tolls』として知られる『Meditation』(瞑想録)の一節  適当な訳:J.M.)

 この詩は、死を悼み畏れるものだが、逆に、荒川さんの「人は死なない」ことをうたったと言えなくもない。そう言えば、『死よ。奢るなかれ』もジョン・ダンだった。

 などと、いろんな連想で、死生観うんぬんも考えなくもなかったのだが、今回の会には、国内の遊戯数学のビッグネームが集まっており、純粋に発表を楽しんだ。会の世話役のひとり岩沢宏和さんが紹介していた、以下の言葉が象徴的だった。(だれの言葉だったか失念)
マーティン(ガードナー)は、多くの子供を数学者にし、多くの数学者を子供にした。
 わたしは、ティーンエージャーの頃、ガードナー氏を愛読していて、「折り紙設計」は、ガードナー氏の本で知ったソロモン・ゴロム氏のレプタイルなどからの刺激を受けて思いついたものとも言えるので、会ではその話をした。

折り紙関連の展示情報をふたつ2010/10/25 17:43

マット ガードナーさん
Oribotics(未来のつくりかた展@東京ミッドタウン)
2010年10月28日(木)- 11月3日(水)

布施知子さん/西田シャトナーさん/miura-ori lab/Studio BIWAHOUSE
折-ORi- @丸の内 フォーラム アートショップ グラフィックステーション
2010年10月27日(水) - 11月7日(日)

テントウムシ2010/10/27 23:27

テントウムシ
 先日、寒い屋外から家の中に避難してきたテントウムシは、黒地に大きな赤いホシがふたつ、小さなホシがふたつで、ドクロのような模様であった(図左)。調べてみると、ナミテントウという種だった。知らなかったのだが、ナミテントウは、同じ種とは思えないほど模様の変異があって、ホシふたつだけから、二十余りのものなどがあるのだった。

 テントウムシのメジャーな種が、ナナホシテントウ(図中)とニジュウヤホシテントウ(図右)であるのも、考えてみれば面白い。名前は天道虫、すなわち太陽の虫だが、背中に月を宿しているとも言えるからだ。7は28の1/4、28はほぼ月の周期である。天道虫という名前の由来は、走光性、つまり明るいほうに向かって飛ぶことにあるらしいが、多くの昆虫がそうだよなあ。

 なお、伝統的な日本語では、ホシと言えば、放射状多角形ではなく小さな丸である。『広辞苑』には、「ホシ」の「ホ」は「日または火の意か」と書いてあるが、点、斑点の意味でもあることを考えると、これは、フシ(節)、フチ(縁)、ハシ(端)などと同じ語源、つまりは特異点(singularity)や結節点(node)を表す言葉なのではないだろうか。

フウセンカズラ2010/10/27 23:29

フウセンカズラ
 フウセンカズラの種は、どこかテントウムシに似ている。風船のような中空の実が和名の由来で、その形態も面白いのだが、英名の Heart seedや学名の属名Cardiospermumは、「ハートの種」の意味だ。球にハートの模様が貼り付いたようになっている。「おさるの種」などとも呼ばれ、じっさい、猿の顔というか、戦隊モノの仮面のようにも見える。

1個10円 2個でも10円2010/10/28 00:37

 先日、ハンバーガーショップにはいった。セットを頼み、ドリンクはコーヒーにした。すると、店員さんが「いまなら、Sサイズのコーヒーが無料サービスとなりますが、どうされますか」と訊いてきた。セットのコーヒーが値引きになるのですかと訊き返すと、そうではないという。店員さんはにっこり笑っている。頭の中に疑問符があふれ、一瞬、間があって、コーヒーがふたつになるということですかと訊くと、そうだという答えだった。ふたつもいらないので断った。不思議であった。コーヒーをふたつ頼む客がどれほどいるのだろうか。ここで、セットの構成を再計算し、すこしでも安くすることを考えるひとはいるかもしれない。

 ということで、思い出したことがある。
 ずっと昔、電気の部品屋さんで、「1個10円。2個でも10円」という張り紙を見て、なんだこれはと思ったのだ。人目を惹く効果はあるが、つまりは、2個10円ということで、ばかげていると思った。ほとんどのひとが2n個買うだろう。そして、1つだけで充分なひとは、損した気になるだろう。ならば、1個5円でいいじゃないかと。
 あるいは、1個目が10円で2個目は0円という法則も考えられる。とすると、いくつ買っても10円か?ということになる。
 あるいは、おまけはつねに1個だけということも考えられる。これは、客ひとりあたりコーヒー1杯サービスのハンバーガーショップに近い。3個買うと30円で一個おまけ、つまり、4個30円となり、たくさん買うひとほど単価が高くなるのだ。