Macintoshのコマンドキー2010/02/10 22:18

Macintoshのコマンドキー
 昨日話題にした四葉のクローバーで連想するのは、Macintoshのコマンドキー(写真右上)である。このマークの由来に関して、コンピュータマニアを「プロペラヘッド」と称し、これはそれにちなんだものであると、Macintoshの雑誌で読んだことがある。前段はたしかにそうらしいが、後段はガセらしい。

 folklore.orgというサイトに、初代Macintosh開発時、「なにもかもリンゴマークじゃだめだというSteve Jobsの意見のもと、デザイナーのSusan Kareが、スウェーデンのキャンプ場で、名所やアトラクションの案内に使われる、花のようなシンボルを採用した」という内容の記述があり、これがほぼ真相のようだ。
 ただし、このマークは、キャンプ場に限られるものではなく、広く北欧で、名所旧跡等を示す道路標識として使われているとのことである。そして、そもそもは、1000年以上前から彼の地で使われていた図像で、聖ヨハネの腕、聖ハンス十字などというのだそうだ。

 なお、Wikipediaで、この記号を示す、x=3cosθ+2cos3θ, y=3sinθ-2sin3θという数式を見たが、この式では、図左下のように、記号とは若干異なるかたちになる。コマンドキー記号は、真ん中がほぼ正方形で、四隅はほぼ円だが、この式は、ギアにペンをいれて模様を描く玩具の名にもなっている曲線・ハイポトロコイドの一種である。

 さらに、このかたちを針金でつくるとパズルになるかもしれないと、手元に針金があったので、ちょっと試してみた。しかし、精度の問題もあるのか、感触はいまひとつだった(写真右下:3個組)、6個で立方体も組めたが、どうもしっくり来ない。アイデア倒れっぽい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2010/02/10/4870078/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。