季節外れの七夕の話など2010/02/01 22:06

松本市の馬場家七夕飾り
 昨日、ふと寄った某百貨店で浮世絵の展示即売会をやっていたので、のぞいてきた。保存状態がよすぎるので、最初は復刻かと思ったが、値段を見て本物かあ、と。相場を知らないが、150年前、錦絵一枚蕎麦一杯ぐらいの値だったことを考えると、ン千倍になっているのは、うひゃあとも思うし、これだけのものが蕎麦一杯というのは、西洋人が驚くのも無理もないとも思う。
 広重『名所江戸百景』の『市中繁栄七夕祭』を見ることができたのはちょっとうれしかった。いままさに窓の外では、しんしんと雪が降っており、思い切り季節外れの画題だが、これは、(折り)紙文化に関係なくもない、『江戸百景』の中でも好きな絵なのである。

 やや鳥瞰気味の視点からの甍(いらか)の連なりの中、飾りをつけた笹竹が林立している。遠景には富士。江戸の街の広がりと、そこを吹き抜ける風を感じさせる。「レンズ」は望遠だ。
 笹竹の飾りには、短冊や、紙を切ってつくる「投網」、瓢箪、鯛、大福帳、吹き流しなどのほかに、前から気になっている、西瓜がある。つくりものの西瓜だろうが、七夕と西瓜は関係が深いらしいということが興味深い。たとえば、北斎の肉筆画『西瓜図』が七夕の見立てになっていると言われていたり、七夕の飾り台で西瓜が使われたりすることなどである。(写真は松本市の馬場家のもの) 季節の果実ということなのだろうけれど、球体が天体の見立てであるなんてことも想像してみたい。

 また、鈴木春信の『蹴鞠』の女性の着物の図柄が、折り紙の船らしきものであることも発見した。真ん中に三角形のでっぱりのある船のようなかたちなのだが、さっと描いたものを版木にしたためか、詳細はよくわからないところもある。
 春信となると、幕末の広重から時代を100年はさかのぼるし、もともと刷り数も少ないのだろう、『江戸百』よりさらに何倍も値がはっていた。こういうのをポンと買うひともいるんだろうねえ。

爪楊枝にみる見立ての連鎖2010/02/02 21:01

見立て・椿の楊枝立て
 束になった楊枝を花蕊に見立てた、椿の楊枝立てである。日常的に愛用しているもので、何年か前、伊豆大島で買ってきた。特撮映画にでてきそうな南洋の謎の花にも見えなくもないが、爪(妻)楊枝をなにかに見立てるということでは、花蕊は、すばらしい着眼であると言える。ちょっとキッチュな感じもよい。ただ、楊枝を使ってしまって、ぱらぱらとなっていると、見立て度が下がるので、楊枝はいつも補給しておいたほうがよい。なお、この楊枝立ては、伊豆大島でしか見たことはない。
つつましいものから、けれんたっぷりのものまで、見立ての演出がさまざまに垣間見られるのが日本の観光地だ。(『見立て心は遊び心』から(下中美都))
というのは、『現代見立て百景』というブックレットにあった言葉だが、これは、その典型例とも言える。

 そして、爪楊枝と言えば、いまやそれしか思い浮かばない、末端が茶色く溝のある爪楊枝は、「こけし楊枝」という。戦後、他の爪楊枝との差別化のためつくられたものが広まったのである、との話を以前どこか聞いたか読んだかした。つまり、あのデザイン自体が「こけし」への見立てなのである。そして、思えば、その「こけし」もひとのかたちへの見立てなのだ。ここにあるのは、見立ての連鎖なのであった。なんだか実に日本的な気がする。

ハッカ豆のかたち2010/02/03 21:08

ハッカ豆のかたち
 最近、ほんとうに更新が頻繁だなあ。と思いつつ、今日は、節分にちなんで豆の話題を。
 妻が先日、北海道物産展で『北見ハッカ豆』を買ってきた。煎った大豆をハッカ味の砂糖でコーティングしたものだが、そのかたちが金平糖に似た凸凹になっている。
 金平糖がなぜあのかたちになるのかは、寺田寅彦-中谷宇吉郎-戸田盛和先生と、錚々たる大物理学者が関心を示してきた問題だが、その最新の研究として、最近、『日本物理学会誌』(2009.10)に、東北大学の早川美徳さんの『金平糖の形成のダイナミクス』というエッセイが載っていた。あのかたちは、霜の華のような拡散律速凝集(DLA)だけで解ける問題とは言いがたく、表面の薄膜流体層のふるまいがそれを解く鍵である、という話だった。

 で、このハッカ豆がどうかというと、金平糖との一番の違いは、核の大きさの違いだが、製造工程もわからないし、ツノが成長するように結晶化していく金平糖と似ているようでもあり、そうでないようでもある。写真をじっと見ていたら、その凸凹が、膜が固化する場合のたるみを起源にするものにも見えてきた。塗膜や梅干の皮のしわのようなものである。まあ、ぜんぜんわからないけれど。

 金平糖と言えば、それがポルトガル語起源であるというのはなんとなく聞いていたが、90年代以降か、洋菓子店のことをコンフェクショナリーなどとも言うようになって、ははあ、同じ語源なんだと納得したことがある。しかし、なんで「ケーキ屋さん」じゃいけないのだろうとも思う。いわゆるケーキのことも、最近は、スイーツとか、ドルチェとか、てやんでぇという気分がなくもない。わたしの父は、「洋なま」と言うが、洋なま、味のある言葉だ。

冬の大三角→切頂→あやめ2010/02/04 23:28

カドの切り落としと三弁のあやめ
 連想ゲームのような話である。(いつものことだけれど)

 まずは、星空を見上げて正三角形のことを考えた。日没時、東の地平線近くに見え、夜9時頃、南・仰角45度ぐらいに輝く「冬の大三角」(シリウス、プロキオン、ベテルギウス)。ほぼ正三角形に明るい星が並んでいる。
 いっぽう、「夏の大三角」(ベガ、アルタイル、デネブ)は、正三角形からはほど遠い。
 人工物でも自然でも、正三角形というのは、案外見かけないかたちである。ぱっと思いつくのは、窓に貼られた非常進入口のマークやウロコ紋といったところだ。
 ときどき見るものには、頂点を切り落とした「小口」の正三角形がある。これは、我が家の駐車場にもあり、2ヶ月ぐらい前、散歩していたさいにも、妙にきれいな細工を見つけて写真を撮った(写真左上)。直方体の頂点ではなく、側面の二面角が鈍角になっている角柱の頂点を切り落としたものだったが、その場合も切り口を正三角形にするのが、職人魂というものかもしれない。

 以上のような連想で、この、切り取った三角錐のことを考えていたのである。側面のなす角度と稜線の長さの関係など、いくつか面白いことに気がついたのだが、いまさっき、思いもかけない収穫に結びついた。

 伝承作品「あやめ」の花弁は四弁であるが、以前、正方形に内接させた特殊な六角形(写真左下の右)を使うことでこれを三弁にしたモデルをつくった。(『おりがみ新世紀』(1989 笠原邦彦著)絶版 所収) 笠原さんに『エレガントなあやめの花3弁化法』と名付けてもらった作品で、技巧よりもアイデアが好きなわたしとしては、密かなお気に入り作品のひとつである。

 そう。直方体の頂点から切り取った三角錐の展開図は、この変則六角形にほかならないのだ。で、けっこう面白い工程だったはずと、この六角形を思い出して折ってみた。すると、同様の変則六角形が、違った方法できれいに正方形に内接可能なことに、思いいたったのである。大きさは若干小さくなる(写真左下の左)が、花弁の白い筋を出しやすいという利点がある。いままでなんで気がつかなかったんだー。

 というわけで、20年ぶりに、自分でも隠れた名作と思っていた作品を改良できたのだった。星空と、タイル職人さんに感謝である。

[追記] 入浴中に「待てよ」と気がついた。あらためて見たら、これ(写真左下の左)は近似だった。縦横で誤差約1%。記憶がないけれど、以前、右を採用したのは、誤差を嫌ったためかもしれない。でも、現在のわたしの感覚では、折り紙作品的に、左がやっぱりよいかな。
[追記の追記] やっぱり、近似ではなく、きちんと取れる。

正三角形の小口-つづき2010/02/06 12:30

正三角形の小口
 一昨日に書いた、駐車場の小口の正三角形というのは、写真に示したものである。
 そして、気がついた「面白いこと」のひとつが、図である。
 小口が正三角形になるためには、側面の二面角は、60度<θ<180度となるが、その切り取った三角錐の展開図を重ね合わせるとハート型になる。

『JIN-仁-』の紙ヒコーキ2010/02/07 00:10

『JIN-仁-第11巻』
 マンガ 『JIN-仁-第11巻』(村上もとか著)に、紙ヒコーキがけっこう重要な小道具として登場していた。写真のように、表紙にも描かれている。TVドラマが面白かったので、続きをぽつぽつと買って読んでいるのである。

 幕末にタイムスリップした南方仁の助手にして、本編のヒロイン、旗本の娘・橘咲が、川越の宿の小さな娘に、いくつか折り紙を折ってみせる。
「わたしは、何も作れませんよ」と感心する仁が、思いつく。
仁「あ! わたしにも作れるもの ありました」
 「長方形の紙… 半紙がいいでしょう」
 「これをほいほいっと」
 「イカヒコーキ!」
咲「ヒコーキってなんですか?」
仁「いや… その… 空飛ぶイカです」
と言い、それを飛ばす仁。長く滑空する紙ヒコーキに驚く咲たち。

 ということで、未来人の仁が紙ヒコーキをつくるのはうまい演出である。拙著『本格折り紙√2』でもイカヒコーキはいつからあるのだろうという話題をちょっと書いたので、おっと思うものがあった。

 しかし、物語中の折り紙に関する細かい考証には、以下のように気になる点がいくつかあった。

・遊戯用の紙細工を「折り紙」と言っているが、当時の言葉では、折形、折すえ、折りものとすべきだろう。幕末の女児,若い女性の言葉なら「折りもの」がよいかな。

・裏表の色の異なる正方形の「折り紙用紙」は、当時ふつうにはない。無色の長方形の紙の束のそばに、さりげなく和鋏を描いておくと、リアリティーが高くなった。

・「奴さん」は、同種の造形が薦僧(こもそう)として徳川時代にもあり『欄間図式』(1734)には「奴さん」そのものと思われる図もある。しかし、それも上半身のもので、袴(ズボン)は、明治以降にフレーベル系の「折り紙」が輸入された後のものと推定できる。また、その折りに関して「奴さん」という名称が定着するのは、明治末年頃と考えられる。

・「帆かけ船」も、すくなくとも資料として確認できるのは、フレーベル系の造形の輸入以降で、じっさいにそうだった可能性が高い。

・いわゆる「くるくる蝶々」も近代以降のものである可能性が高い。(これに関しては、何の考証もないけれど) 紙の蝶を扇子で舞わせる手妻(手品)師の芸は徳川時代にある。しかし、手妻師の蝶と「くるくる蝶々」は手筋が異なる。「くるくる…」が作者不詳の伝承作品であり、徳川時代に流行した「投扇興」に似ている、とは言えるけれど。

 と、いろいろ書いたが、『JIN-仁』が、江戸の空気を感じさせる優れた物語であることは変わらないし、「折りもの」をとりあげてくれてうれしい。

カタバミの葉はなぜ閉じる2010/02/08 20:33

アカカタバミ
 東京の自宅のオリヅルランの鉢に、いつのまにかアカカタバミが生えてきて、「家主」を圧倒する勢いで繁茂している。集合住宅の上層階なので、ひとに付着して運ばれたとしか考えられないが、よくもこんなところに生き延びる場所を見つけたものだと感心する。環境問題として砂漠化が取り上げられることが多いが、放っておくと草木生い茂る温暖湿潤の地と言える日本列島に住んでいると、地球の支配者は植物であるという印象も持ってしまう。昔読んだ、植物に支配された未来の地球の話、ブライアン・W・オールディスのSF・『地球の長い午後』の影響かもしれない。
 ちなみに、オリヅルランは、言うまでもなく、その名前ゆえに育てているもので、写真ではわかりにくいけれど、鉢には折鶴の飾りもついている。

 で、まず、この、我が折鶴蘭子さんの鉢を浸食している植物の名前が、ぱっと思い出せなかったのである。ものやひとの名前が思い出せないことが多くなった、という思いを押さえつつ、「クローバーとよく間違えるハート型の葉」などと、検索した。
 カタバミであった。家紋としてもよく使われるモチーフなのに、忘れていたのは、家紋好きとしても情けない。漢字で書けば、酢漿草、または、片喰である。前者は蓚酸を含み、酸味があるためとのことである。
 細かい分類では、アカカタバミであることも判明した。「アカカタバミ、アオカタバミ、キカタバミ」などとつぶやく。

 ネット上の説明にもあったように、カタバミは、じつにたくましい生命力を持った植物である。黄色い五弁の小さい花も咲き、実も結んでいたが、実ができていたことは次のように知った。
 鉢のそばにあるデスクで作業をしていると、かさりと音がすることがあったのだ。虫でもいるのかと思っていたら、実がはじけて、種子を飛ばす音なのであった。粘着性のある1mm足らずの種子が、1mぐらい離れた壁にも付着しているのには驚いた。最盛期は、周辺が種だらけになっていた。種子は、オクラを垂直に立てたようなさやに格納されている。それがはじけるメカニズムも気になる。

 そして、つい先日、日が暮れると葉が閉じていることに気がついた(写真下)。
 葉のかたちはハート型だし、閉じたかたちは三角錐で、前の前の記事などで、ここ数日考えていたかたちに関係しているのであった。日々のあれこれを三題噺のように結びつけてしまうのは、悪い癖かもしれないが、どうにもそんな日常である。
 なお、片喰という名の由来も、夜になると葉が閉じて、葉が欠落したように見えるためとする説があるようだ。葉を開いたり閉じたり、勢いよく種を飛ばしたり、活動的なヤツである。
 なぜ夜に葉を閉じるのかということでは、閉じた状態でも表面積は変わっていないが、三角錐状になることで、空気を抱え込み、葉裏の外気への接触を回避し、熱や水分の放散を防いだり調節する効果があるのだろう、と考えた。こうした植物の「就眠運動」に関しては、あのチャールズ・ダーウィンが研究をしていたそうで、彼もその旨を述べているとのことだ。現代の研究もそれを補強しているらしい。

 以上が、昨晩まで考えていたことである。そして、たったいま、ほんとうにただの思いつきだが、葉が閉じることの別の説が浮かんだ。今日、仕事の打ち合わせで、降雪時の電波望遠鏡のスタンバイポジションが話題になったのだが、そのことが、例によって、わたしの「三題噺的脳」において、カタバミと結びついたのだ。葉が角錐状になるのことには、スタンバイボジションという意味「も」ないのだろうかと。
 カタバミの葉は、光に垂直となるような向日性運動がある。三枚の葉が三角錐状になって閉じているかたちは、光の方向を判定する待機態勢として最適なのではないか。三枚の葉が違う方向に向いているのことで、光があたったときに、どちらから光がきたかすぐに判定できるぞ、と。

「♥&♣ @ ☆」の話2010/02/09 21:33

観測制御室のハート
 長崎のグラバー邸の敷石に、通称・ハートストーンなるものがあり、それを見つけると願いが叶うという、ガーリッシュな話がある。ガーリッシュというのは、ボーイッシュの対語で、フェミニズム的には問題のある表現かもしれないが、「女の子的」ということだ。
 じつは、これに似たものが、観測所の制御室にもある。フロアの傷だ。お星さまを見守っている天文台のハートであります。これにより…、観測者の椅子がガタつくという現象が日々発生している。

 なんてことを書いていて、グラバー邸のGloverにloverが含まれているということに気がついた。一昨年長崎に行ったときにグラバー邸を訪れたが、このLoverというネタは、観光宣伝には使われていなかったようだ。使えそうなのに。そして、cloverもGloverと一字違いでloverを含むということにも、気がついた。クローバーの葉のかたちは、カタバミほど典型的なハート型ではないが、ハートらしいものもある。また、言うまでもなく、クローバーというのは、四葉のクローバーとして、象徴性の高い図像となる。それがラッキーアイテムとして広まった理由の一端には、loverを隠し持っていることも関係しているのかもしれない。C lover = She (is a) lover. てなわけで。

 以上、なんというか、非常に似合わない話をしているような気がしてきたので、ちょっと違う話も。
 象徴図形としてのクローバーは、クローバー型インターチェンジとか、クローバーリーフ・クエーサーなどとして、四回回転対称図形として使われることが多い。後者は、うしかい座にある110億光年彼方のクエーサー(銀河の核と考えられている天体)が、手前にある銀河の重力レンズ効果で四つに分かれたように観測されたものである。

Macintoshのコマンドキー2010/02/10 22:18

Macintoshのコマンドキー
 昨日話題にした四葉のクローバーで連想するのは、Macintoshのコマンドキー(写真右上)である。このマークの由来に関して、コンピュータマニアを「プロペラヘッド」と称し、これはそれにちなんだものであると、Macintoshの雑誌で読んだことがある。前段はたしかにそうらしいが、後段はガセらしい。

 folklore.orgというサイトに、初代Macintosh開発時、「なにもかもリンゴマークじゃだめだというSteve Jobsの意見のもと、デザイナーのSusan Kareが、スウェーデンのキャンプ場で、名所やアトラクションの案内に使われる、花のようなシンボルを採用した」という内容の記述があり、これがほぼ真相のようだ。
 ただし、このマークは、キャンプ場に限られるものではなく、広く北欧で、名所旧跡等を示す道路標識として使われているとのことである。そして、そもそもは、1000年以上前から彼の地で使われていた図像で、聖ヨハネの腕、聖ハンス十字などというのだそうだ。

 なお、Wikipediaで、この記号を示す、x=3cosθ+2cos3θ, y=3sinθ-2sin3θという数式を見たが、この式では、図左下のように、記号とは若干異なるかたちになる。コマンドキー記号は、真ん中がほぼ正方形で、四隅はほぼ円だが、この式は、ギアにペンをいれて模様を描く玩具の名にもなっている曲線・ハイポトロコイドの一種である。

 さらに、このかたちを針金でつくるとパズルになるかもしれないと、手元に針金があったので、ちょっと試してみた。しかし、精度の問題もあるのか、感触はいまひとつだった(写真右下:3個組)、6個で立方体も組めたが、どうもしっくり来ない。アイデア倒れっぽい。

アップルのマーク2010/02/11 14:17

アップルのマーク
 Macintoshの旧い機種のコマンドキーには、クローバーマークのほかに、リンゴマークもついている。(写真は、PowerBook520) リンゴマークが欠けているのは、噛む(bite)をコンピュータの情報単位であるbyteに掛けたという話があるが、これも風説っぽい。

 この欠けているリンゴで、ちょっとした三コママンガができた。

 ほんものの太陽は、周期通り(約11年)であれば、昨年ぐらいから活発化するはずなのに停滞期が続いていたそうだが、やっと活発化してきたとのことである。観測所の食堂で同席した太陽電波観測所のSさんも「太陽、復活しているみたいですね」という問いかけに「活発になってきました」と、どこかうれしそうだった。

 ちなみに、コマンドキーとの組み合わせで最も使用頻度の高い、C:コピー、V:ペースト、X:切り取りに関して、CはコピーのCで、Vは校正の挿入記号、Xは鋏からくる、という話も、以前雑誌で読んだ。キーボードの下段にXCVと並んでいるのはたまたまなので、こじつけくさいが、Xが鋏というのは、好きな話だ。(XCVに関して、同じ話を、昔-もう8年も前だ- 折紙探偵団旧掲示板にも書いたことも思い出した。この書き込みのネタはけっこう面白いじゃないか、と自賛)