偶然の植田調2010/01/03 14:46

偶然の植田調
 正月、実家に帰って、iPodに格納した写真を閲覧したが、そのとき、三月に調布飛行場に隣接する武蔵野の森公園の丘を撮ったものを見て、写真に詳しい兄が「植田正治だな」とぽつり。
 言われてみれば、たしかに、それっぽい。植田正治。砂丘に人物を並べた演出写真などで知られる世界的な写真家である。

 ちなみに、この写真は演出ではなく、まったく偶然のシャッターチャンスによるものだ。ただ、この丘からは、離着陸する軽飛行機が見えるので、ひとが集まる場所である。天気のよい日には似た光景は見られる。

アーティフィシャルでないアーティスティック2010/01/03 14:52

黄昏の東京湾
 アーティフィシャル(人為的)でなくアーティスティック(芸術的)になった写真と言えば、こんなものもある。東京湾にあるモニュメント(パブリックアート)を前景にして、満月と航空機というシャッターチャンスに恵まれた時のものだ。
 そして、ふと、「アーティフィシャルでないアーティスティック」というのは、折り紙の理想かもしれないとも思った。

 辞書のページをめくって、artyという形容詞もあることを知った。これは「芸術家ぶった、凝り過ぎの」ということだそうだ。artfulは、それよりはニュートラルだが、「狡猾な」という含みもあるらしい。artsy-craftsyというのもあった。これは「芸術家気取りでものの役に立たない」ということになってしまうのだった。

ミカンとツバメとロボット兵2010/01/03 16:27

ミカンとツバメとロボット兵
 ミカンの皮を剥くときに、ちょっとした芸をみせるということは、誰もがよくやる(?!)けれど、先日は、ひとがたに剥いてみた。ヘタを鼻に、「へそ」をへそにするところがミソだが、いまその写真を見ていて、「面白い立方体の展開図」ということに連想がひろがった。で、試しにつくってみたのが、図右上の燕のようなものである。
 そして、この燕を見ていて、東京工業大学の燕を使ったシンボルマークへと連想がひろがった。このマークは1948年に制定されたもののようだが、『天空の城ラピュタ』や『ルパン三世』に出てきたロボット兵をも彷彿とさせる。いかにも東工大という気がするのである。じっさい、これロボットだよねと、思ってきるひとは多いようで、以前、同学の研究員さんからもらった名刺には、写真右下のようなネタがあった。むろん、右がほんもののマークである。