富士と地平線2010/01/01 18:32

東京からの富士
東京の、アパートの窓から見る富士は、くるしい。冬には、はっきり、よく見える。小さい、真白い三角が、地平線にちょこんと出ていて、それが富士だ。なんのことはない、クリスマスの飾り菓子である。しかも左のほうに、肩が傾いて心細く、船尾のほうからだんだん沈没しかけてゆく軍艦の姿に似ている。
『富嶽百景』(太宰治)

 写真は、今日、多摩の自宅のベランダから望んだ富士。元旦に撮った富士につけるキャプションとしては、「沈没しかけてゆく軍艦」というのは、意気があがらないことおびたたしいけれど、もと文学セーネンのわたしは、ベランダから富士を見るたびに、「沈没する軍艦だなあ」と思うのである。左のほうに、肩が傾いているとは思えないけれど。

 そして、あらためて引用して、山際のことも地平線というのだろうかと思い、地平線までの距離ということを考えた。
 地表を完全な球面とすれば、高さh(m)の視点から地平線までの距離は、大気屈折による浮き上がり等を無視した概算で、√(h*地球の直径)となる。(地球の直径≒12700000m) これは、意外に小さい値だ。高さ5mの甲板から水平線までの距離は、8kmになる。
 同じ計算式を使うと、どこから富士が見えるかがわかる。海抜0mで富士山が見えるのは、約220km離れたところまで、海抜1000m地点ならば、330kmとなる。そして、ネットで検索したところ、じっさいに、水平距離にして320km地点・標高996mの和歌山県の大雲取山から観測例があるということがわかった。なお、東京から富士への直線距離というのは、案外近い。皇居からほぼジャスト100kmである。

丸石神その252010/01/02 22:20

大泉町城南の丸石神
 昨年末に端正な丸石神を見つけた。場所は、北杜市大泉町城南で、嘉永元年の銘がある。西暦で言えば1848年で、人工的に削り磨いた丸石神はほぼ100%幕末のものであるという例にあてはまる。また、「火の見櫓・丸石道祖神隣接の法則」という経験則通りに、火の見櫓のそばにあった。

プチバトー2010/01/02 22:24

プチバトー
 子供服を中心にしたショップ・プチバトー(目黒区自由が丘)で、折り紙の舟を使ったウィンドウディスプレイを見た。
 プチバトーというのは、フランスの服飾メーカーで、マークが舟なので、この趣向なのだろう。なお、そのマークは、Origami USA(アメリカ折り紙協会)のマークにそっくりでもある。
 また、プチバトーのウェブサイトにアクセスして、マリアンヌ・ペルツァーさんというひとが、同社とのコラボレーションで、衣類を使って動物をつくるという「折り紙的」なこともしていることを知った。(プチバトーのページ参照)

偶然の植田調2010/01/03 14:46

偶然の植田調
 正月、実家に帰って、iPodに格納した写真を閲覧したが、そのとき、三月に調布飛行場に隣接する武蔵野の森公園の丘を撮ったものを見て、写真に詳しい兄が「植田正治だな」とぽつり。
 言われてみれば、たしかに、それっぽい。植田正治。砂丘に人物を並べた演出写真などで知られる世界的な写真家である。

 ちなみに、この写真は演出ではなく、まったく偶然のシャッターチャンスによるものだ。ただ、この丘からは、離着陸する軽飛行機が見えるので、ひとが集まる場所である。天気のよい日には似た光景は見られる。

アーティフィシャルでないアーティスティック2010/01/03 14:52

黄昏の東京湾
 アーティフィシャル(人為的)でなくアーティスティック(芸術的)になった写真と言えば、こんなものもある。東京湾にあるモニュメント(パブリックアート)を前景にして、満月と航空機というシャッターチャンスに恵まれた時のものだ。
 そして、ふと、「アーティフィシャルでないアーティスティック」というのは、折り紙の理想かもしれないとも思った。

 辞書のページをめくって、artyという形容詞もあることを知った。これは「芸術家ぶった、凝り過ぎの」ということだそうだ。artfulは、それよりはニュートラルだが、「狡猾な」という含みもあるらしい。artsy-craftsyというのもあった。これは「芸術家気取りでものの役に立たない」ということになってしまうのだった。

ミカンとツバメとロボット兵2010/01/03 16:27

ミカンとツバメとロボット兵
 ミカンの皮を剥くときに、ちょっとした芸をみせるということは、誰もがよくやる(?!)けれど、先日は、ひとがたに剥いてみた。ヘタを鼻に、「へそ」をへそにするところがミソだが、いまその写真を見ていて、「面白い立方体の展開図」ということに連想がひろがった。で、試しにつくってみたのが、図右上の燕のようなものである。
 そして、この燕を見ていて、東京工業大学の燕を使ったシンボルマークへと連想がひろがった。このマークは1948年に制定されたもののようだが、『天空の城ラピュタ』や『ルパン三世』に出てきたロボット兵をも彷彿とさせる。いかにも東工大という気がするのである。じっさい、これロボットだよねと、思ってきるひとは多いようで、以前、同学の研究員さんからもらった名刺には、写真右下のようなネタがあった。むろん、右がほんもののマークである。

踏切のある参道2010/01/04 21:36

踏切のある参道
 有名神社・仏閣はどこも混んでいるので、「初詣」は、今年も地元の神社にした。といっても、当方、どこが地元なのか定かではない根無し草、この社の氏子という神社もないので、ここ数年、近くの神社・仏閣をいろいろと浮気している。今年は、元旦に調布市の飛田給薬師堂、二日に、府中市にある武蔵国府八幡神社 を参拝した。
 二日、府中市の有名神社・大國魂神社は大変な混雑だったが、そこから東に1kmの武蔵国府八幡神社は、静寂に包まれていた。この神社には、こんな話がある。

 大國魂大神(大国主命)が武蔵の国に来たさい、宿を探してくると言った八幡神に待たされた。待ちくたびれた大国主命は「マツは憂いもの、つらいもの」とつぶやき、マツが嫌いになった。それゆえに、大國魂神社の境内に松の木がない。府中では、正月飾りにも松を使わない。(見たところ、最近はけっこう使っていたけれど)

 ダジャレである。日本の神様はダジャレが好きなものだが、とってつけたような話である。しかも、二世紀建立とされる大國魂神社のほうが、八幡神社より古いはずである。

 とは言うものの、武蔵国府八幡神社も由緒ある古社だ。今は大國魂神社の境外末社になっているが、八世紀の一国一社の国府八幡宮のひとつなのである。律令制の地方行政府の鎮守である。本殿、拝殿とも小さいが、社地は広い。
 そして、じつに珍しい立地の(立地になってしまった)神社なのである。鉄道(京王競馬場線)が横切るために、参道に踏切があるのだ。どうせなら、遮断機に下がるヒラヒラを純白の紙垂にしてはどうだろうなどと、ばかなことも考えたくなるくらい、どうにも奇妙な光景なのである。

 なお、参道は拝殿の前で直角に曲がり、拝殿(というか門)から本殿の向きは東向きになっている。これは、以前からそうなのだろうか。拝殿から本殿の向きが東になるのは、太陽信仰から言っても珍しくないが、最近そうなったのならば、鉄道からの邪気を防ぐ方違え(かたたがえ)かもしれない。ちなみに、踏切前の鳥居を奉納したのは京王電鉄であった。
 大国主命を待たせたことを反省した八幡神が、大國魂神社の方角である西を向いて礼を示しているというのも、「らしい話」かもしれない。

 というように、神社・仏閣は、そう有名でなくても謎があり、小さな社が予想外に古かったりして、面白いのであった。

√2の日と中島敦のロック2010/01/05 23:04

√2
何者か 我に命じぬ 割り切れぬ 數を無限に 割りつづけよと
(中島敦『夢』から)

 もうすこし前に気がつけばよかったのだけれど、昨日、就寝時に上の歌を読んで、割り切れぬ→無理数→√2→1.4...ということで、思いついた。そう、3月14日が円周率の日ということらしいので、1月4日を√2の日にしよう、と。より細かく、1月4日14時21分35..秒が、√2の時でもよい。10進法と60進法が混ざるのは変だけれど。

 √2と言えば、わたしは、2ヶ月ほど前に『本格折紙√2』という本を上梓した。その表紙と裏表紙の背景には、√2の小数展開の数列が配されている。表紙は、帯をはずすと数列が途中で切れてしまっているのだが、これらの数字は、言うまでもなく、どこまでもどこまでも続くものである。上に、表紙のデータより、さらに桁数を増やしたものを示す。

 さて。ここに示したような数値を得るためには、特別な工夫、特別な計算法が必要である。計算機でよく使われる倍精度実数の有効桁数が、せいぜい15桁ぐらいだからだ。このデータをつくるためにプログラムを組んだのだが、上の歌「何者か 我に命じぬ…」-これ自体は循環小数のことのようだが-を、プログラムのつぶやきと考えたら、プログラムがいじらしくなった。なお、プログラマがプログラムを擬人化するのはよくあることだ。
(その後、LongHandという、有効桁数を指定できるとてもよくできた計算機ソフトウェアがあることも見つけ、わざわざ自分で組む必要もなかったことも判った)

 そして、中島敦の歌というのが、じつに面白いことも、発見したのだった。たとえば、
眼瞑(と)づれば 氷の上を 風が吹く 我は石となりて 轉(まろ)びて行くを
(中島敦『石とならまほしき夜の歌』から)
って、ボブ・ディランじゃん! Blowin' in the windで、 Like a rolling stone だぞ。

自己補対(?!)八面体2010/01/05 23:13

自己補対(?!)八面体
 今日、野辺山観測所で、シニュアス(波状)アンテナに関する談話会があった。シニュアスアンテナというのは、広帯域観測などのための、同心円構造を発展させたギザギザ形状のアンテナである。ここでは、四つの同じパターンを組み合わせている(図は中心部分を省略)。アンテナ相手の仕事をしているのに、アンテナにまったく詳しくない愚生、その図形パターンの美しさに惹かれた。
 このアンテナの特徴のひとつは、アンテナ部分と隙間が同じかたちになることだ。このようなアンテナを、自己補対(self complement)アンテナと呼び、周波数によらずインピーダンスが一定になるのだそうだ。なお、自己補対アンテナの原理は、八木・宇田アンテナの発明者である伝説の工学者・八木秀次、宇田新太郎の直弟子・虫明康人さんの発見とのことである。日本のアンテナ技術って伝統があるんだなあ。

 で、帰宅してから、自己補対だけが気になって、それを使った造形ということだけを考えてしまうのが「かたちバカ」のわたしなのだった。正八面体の表面から自己補対構造と言えるものがつくりやすいことを使って、四枚の正三角形で、自己補対八面体(つまり、四つが面で残り四面は穴になる八面体)をつくること。今夜のテーマはそれに決定!

 で、幾何学的には点で繋がることになるわけだが、糊付けと、小さな切り込みを使ってつくってみた。すでにありそうなものだが、なかなか美しい。

タイリング絵のこと2010/01/07 23:22

タイリング絵(トラ)
 自己補対(自己相補)ということで連想するのは、M.C.エッシャーのタイリング(敷き詰め or 正則分割 or テサレーション)絵だ。動物や人物など、複雑な輪郭をしたものが、ぎっしりと充填された絵である。

 エッシャーのこのタイプの絵に関しては、語りたいことはたくさんあるのだけれど、指摘されることがほとんどない、以下のふたつの点を書いておきたい。

 まず、第一点。モチーフに合わせて図の向きを明確に意識していること。たとえば、動物の絵で、脚が上向きになっていることはほとんどない。(ただし、習作を除く) 逆転する図を含む絵は、上から見たり、見上げたりという別視点の図柄であるか、浮遊するもの、あるいは、そもそも「異なる座標系」の中にある絵、と見ることができる。

 そして、二点目。これは、変遷もあり、一点目より例外も多いが、二色で塗り分け可能なものが多いことだ。ゲシュタルト心理学的な「図と地」(まさに相補性である)というモチーフと、版画という技法に密接に関わっている、と考えられる。

 版画ということに関しては、こんなことも言える。
 エッシャーの作品は、技法や表現から切り離して、構造だけを話題にすることも可能だ。そのために、そもそも美術であることを見落とすことも多い。しかし、美術としてのエッシャー作品は、版画であること(さらに細かく言えば、木版やリトグラフという個々の技法)に、極めて大きい意味がある。

 …で、わたしも、エッシャーさんの顰みにならってタイリング絵を描くのだが、この二点が不得意なのである。たとえば、上図左は、ちょうど一巡りした年賀状だが、一列ごとに逆転している。図右の今年の年賀状の背景は、逆転していないが、これは、図が単純だからだ。(単純なので、あえて複雑にするために、一列ごとに逆転しようかとも思ったのだが、美しくなかった。そのとき気がついたのは、「寅」という字は、正面から見たトラの姿にも見えるということだった)