Busy Beetles2009/12/06 01:19

Busy Beetles
 先週の日曜日、「多面体フォーラム」に出席するために原宿に行ったさい、すこし早く着いたので、会場の近辺を散歩し、ボーネルンドという玩具店で、エッシャー風敷き詰めパズルを見つけて買った。何種類かの虫のかたちで平面を埋め尽くす「Busy Beetles」というパズルである。脚が四本+触角二本というかたちは、昆虫としては問題があるが、よくできている。写真では四種類を使っているが、八種類あるので、これを全部使おうとすると、難易度はかなり高い。
 多面体フォーラムに出席していた、パズル研究家の高島直昭さんは、さすがにこれをちゃんと「押さえて」いて、姉妹品として、鳥のかたちのものもあるということだった。
 ちなみに、ボーネルンドというのはデンマーク語で「子供+森」とのこと。メーカーはアメリカ。

悪魔を折りますよ2009/12/06 01:22

 散歩は緊張する。
 まだあまり仲良くなっていない友だちと、都内の高円寺駅周辺を歩く。私は目を動かす。知らない街を好きになれるかな?
(略)
「お寺に行きましょう」
「その前に昼ごはんは?」
可愛い喫茶店で昼食をとる。食後のオマケに付いていたチョコの包み紙を彼は折り始めた。
「僕は折り紙が、得意なんですよ。本当の紙だったら、僕は悪魔が折れます。精巧ですよ」
「神は折れないんですか」
「神は一般的なイメージがないですからねー。悪魔は、シッポとか、角とか、みんなに通じるイメージがありますよね」
折り紙が上手な人なのかー、と、でき上がった包み紙を見てみたが、普通の鶴だった。
(略)
「上を見てください。モミジのトンネルになっていて、空が細切れに光ってます」
「本当だ。こんな風に僕は見上げたことがなかったです」
「本当の紙で、今度折り紙を折って見せてもらえますか?」
「一時間くらい放っといてもらえれば悪魔を折りますよ」
「私は、高円寺の街が、鼻血が出るほど好きになりました」
「ありがとうございます」
 僕がお礼を言うことじゃないですよね、と言いつつ今日の中で一番の笑顔になっている。あ、この人も、散歩に緊張していたのかな?
『高円寺に高円寺はありますか?』(『指先からソーダ』(山崎ナオコーラ著)から)

 というわけで、折り紙の悪魔である。折るのに時間がかかることなど、まちがいなくわたしの作品である。このエッセイが、新聞に掲載されたときにも「おお、折り紙の悪魔だ」と気がついていたのだけれど、単行本になっているということを知って、今日買ってきた。
 その後、山崎さんとこの彼は、仲良くなったのだろうか。まあ、どこまで実話でどこからフィクションなのかもわからないが、わたしの考えたものが、ミーム(文化的遺伝子)として、思いもよらないところでなにかをなしていると思うと、素直にうれしい。
 ただ、わたしは、折り紙の技で女性にモテたという話はあまり知らない。「手が好きで やがて すべてが 好きになる」(時実新子)という一句があるように、男性の手に惹かれる女性が多いという話は聞かないでもない。そういえば、読んでいないけれど、山崎さんも『手』という小説を書いていたはずだ。
 ボーイフレンドが複雑な折り紙作品を折っている。その手を黙って頬杖をついて見ている女性。なんて図は、絵にならなくもなくもない。
 いや、待てよ。折り紙を折ってガールフレンドの気をひこうとしたけれどふられた、という話を聞いたことがあったぞ。別に折り紙のせいじゃないと思うけれど。
 それにしても、山崎ナオコーラさんという筆名は、辛酸なめ子さんには負けるけれど、とんでもないよなあ。考えてみれば、手塚治虫という筆名も変だけれど。

比率を計る男2009/12/06 17:15

1対√2ではないA4
 昨日、お好み焼き屋さんに行った。電子伝票(?)として、A4と書かれたプレートを渡された。たぶん、A4番テーブルだったからだ。このプレートは、A4なのに、 210mm×297mmではなく、1対約√2でもなかった。1対1.75だった。