白銀という名の黄金2009/10/31 09:55

白銀
 もう2ヶ月も前になるけれど、兵庫県姫路市の日本玩具博物館に取材に行ったっさい、姫路駅前で「白銀(しろがね)」という地名を見つけて、「おおこれは!」と思って写真を撮った。
 しかし、白銀と書かれた標識の長方形は、白銀比(1:√2。1:1+√2のことをいう場合もある)ではなく、ほぼ黄金比(2:1+√5)なのであった。
 ほかの標識がみな黄金比でも、この標識だけは別にすればよいのに、と思ったが、気がつくのは、わたしを含めたごく小数のマニア(なんのマニアだ!?)だけか…。

コメント

_ カトレア ― 2009/10/31 16:06

写真の右下 ⇒ 【白枠 と 其の中の黒い幾何学模様的, 仕切り線】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~↓~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【『maekawa師の作られた』ほぼ黄金比(2:1+√5)の図】だろうか!と。
何故って、略,中央-左寄りのプレート(?) には其のような図柄が無い
 (ウフ! “パズル好き & 幼稚な好奇心を抱く婆”の外れ想像!)(^^)♪

_ やまなし ― 2009/10/31 21:56

カトレアさんの書き込みで気付いたんですが、
もしかして、その白枠は白銀比ですよね?
(実測、計算までしてしまった私…『マニア』じゃないはずなんですが…)

_ maekawa ― 2009/10/31 22:31

「切り抜き」の白枠が1:√2に近いのはたまたまです。わたしの感覚にその比率が刷り込まれている、ということはあると思います。

_ post ― 2013/11/07 16:40

こんにちは。こちらのブログを拝見して黄金比というものを知りました。気にしてみるとなるほど、いろいろなところで使用されていました。正方形が主流のよう気もしますが黄金比にとって代わるのでしょうか。正方形はスタイリッシュな感じがしますね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2009/10/31/4664617/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。