正弦曲線と折鶴2009/10/25 17:17

正弦波
 堀江敏幸さんのエッセイ集『正弦曲線』に、「折紙で赤い鶴を折り、ネギを切るひと」と題された一編があった。黒田三郎さんの『夕方の三十分』という詩を紹介し、その詩の一節「折紙で赤い鶴を折る/ネギを切る」を、そのままエッセイのタイトルにした一編である。堀江さんの文で折り紙に遭遇したのは、三回目だろうか。
コンロから御飯をおろす
卵を割ってかきまぜる
合間にウィスキイをひと口飲む
折紙で赤い鶴を折る
ネギを切る
一畳に足りない台所につっ立ったままで
夕方の三十分

僕は腕のいい女中で
酒飲みで
オトーチャマ
小さなユリの御機嫌とりまで
いっぺんにやらなきゃならん
半日他人の家で暮したので
小さなユリはいっぺんにいろんなことを言う
(『夕方の三十分』(黒田三郎)から)

 本のタイトルの『正弦曲線』は、『優雅な袋小路 -正弦曲線としての生』というエッセイなどからとられたものだ。「サイン、コサイン、タンジェント」という言葉の呪文じみた響きや「正弦」という言葉の字面の話題からはじまって、うねうねした波を思う内容である。

 正弦曲線と言えば、一ヶ月ほど前、小海町高原美術館で観た「オリバー・マースデン展」も思い出した。
 一周期のサイン波だけが描かれた、たしか『サイン波の調和』と題された、4号か5号ぐらいの小さい絵があった。正確には、ベージュ色のキャンバスに白い絵の具を塗り、正弦曲線のところだけキャンバスの色を残すという描きかただった。写真の撮りかたなのか、色調が記憶と違うが、このページにちょっと写っている。横長5mぐらいの大きいキャンバスを使った、回転対称の心拍のような波形を描いた「波の調和」という作品もあった。電波観測所の玄関に飾るのに最適な絵かもしれない。

 堀江敏幸さんの本は、装丁がいつも美しいが、この本はまた特別だ。ふつうの単行本よりやや小さく、エンボスのついた函入りになっている。装丁家は間村俊一さん。
 最近、函入りの本というのは少なくなったと思うが、じっさいはどうなのだろう。20年前に物故した、本の装丁をたくさん手がけた叔父がいたのだが、四半世紀前は、いまよりも函入りの本が多かったように思う。

Je pense, donc je suis.2009/10/25 19:12

 堀江敏幸さんのエッセイ集『正弦曲線』では、フランス語の「Je pense, donc je suis.」(我思う、ゆえに我あり)が「我包帯を巻く、ゆえに我あり」に聞こえてしまう、というジョークがあることも知った。

 デカルトの「我思う、ゆえに我あり」は、ラテン語の「Cogito, ergo sum.」として知られるが、もともとラテン語だったのではなく、デカルトの母語であるフランス語による「Je pense, donc je suis.」がオリジナルである、ということを最近知って、以下のようなことを考えたばかりだった。

 「Je pense, donc je suis.」をラテン語に訳したのは、メルセンヌ素数で知られるメルセンヌ神父だとのことだ。それはさておき、ラテン語は動詞に人称語尾があって人称代名詞が省略されることが多いようで、まさに「Cogito,..」もそうなっていると見える。
 で、このラテン語訳が本家本元のように流通しているのは、この「名言」にとって、あまり望ましい状況ではないのでは…、というのが、ここでの話である。

 フランス語の「Je pense, donc je suis.」では人称代名詞のJeが2回でてくる。日本語訳の「我思う、ゆえに我あり」や英訳の「I think. therefore I am.」も同じだ。わたしはもちろん「我思う...」としてこの命題を知ったのだが、そのとき、「我」が2回でてくるところがキーであると感じた。そう思ったひとはほかにも多いはずで、じっさい、そのことを言っていた友人がいたことも思い出される。人称代名詞の繰り返しは、後段が「存在」の述語であることと相まって、この命題がトリッキーな自己言及構造であることを明示している、と言えなくもない。この命題は、それ自身が「ジェネレータ」(フラクタル幾何学で基本となる図形)となり、「我思う、ゆえに我あり、と我思う、ゆえに我あり、と我思う..」と無限に続く構造をつくる。これにより、この命題は、精神と物質を分ける単純な命題などではなくなっているのではないか。『方法序説』の文脈でどう語られているかを別にして、まあ、そんなことを思ったのである。
 このような、言説や意識の無限の入れ子構造は、「文学青年」や日記をつけているひとには、なじみ深いものではないかと思う。たとえば、自分についてなにかを書くと、どこかにごまかしが生じるが、そのごまかしを、さらに書くことで否定しようとしても、有限のやりかたではおさまらなくなるもどかしさのようなものとして。
 というような「問題」を、かつて「理科系の文学青年」であったわたしは、無限に発散する物理量を有限量として扱う「くりこみ理論」の考え方に対比させて、納得しようとしていた、なんてことを思い出す。