ガードパイプの研究と記号化された梅の花に関する考察2008/12/03 20:30

ガードパイプ
 下に書いたイチョウの記事で思い出したことがある。都道のガードパイプ(パイプによるガードレール)が、イチョウの図案になっていることだ。写真左上はそのバリエーションで、カタツムリのマークがはめ込まれたものである。
 物好きとしか言いようがないが、好事家・M氏は、ガードパイプのコレクションをしていたこともある。その中から数点を紹介しよう。
 都道はイチョウだが、国道は目玉(?)である。ちなみに、この目玉タイプには、切れ長やどんぐり眼などがある。そして、東京都北区には北の字があり、山梨に行けば、富士や逆さ富士、長野市ではリンゴを見ることができる。リンゴは、青森県にも別種のものがあったのだが、その写真を撮り損ねて、M氏はたいへんくやしい思いをしている。
 東京都府中市には、樹木・鳥・梅の3点セットがある。市のシンボルの欅と雲雀と梅をかたどったものだが、中でも興味深いのは梅(右下)だ。

 梅の花はこのようなかたちで図案化されることが多いが、思えばこれは奇妙なものである。これは、本来、五弁の花を斜めから見た図である。じっさい、江戸初期の、たとえば尾形光琳の絵や図案などを見ると、手前の花弁は楕円などに描かれて、写実性を残している。しかし、いつのころからか、これが小さい円で描かれるものが出るようになる。どう見ても手前の花弁が小さく見える図で、投影法や遠近法から大きく逸脱した描法である。しかし、花札の図案などはまさにこの図が使われ、梅の花の記号として定着していくのだ。この記号性を知らないと、このガードパイプは、幼児の描いた車か、鼻孔を強調した鼻のようにも見えるであろう。