ヤムンツェルの多面体など2008/10/29 22:48

ヤムンツェル他
 写真左は、多摩美術大学情報デザイン学科十周年記念論集・『創造性の宇宙』(港千尋、永原康史監修)の口絵にあった図である。ニュルンヴェルクのヴェンツェル・ヤムンツェルというひとの多面体の図で、1568年のものだ。この口絵は、本文とは直接関連がなく、本のつくりにおけるプロムナードギャラリーのようなものなので、キャプションにある上記以上の情報はなかった。ヤムンツェル(Jamunzel?)に関するネットの検索にもなにもかからなかった。
 欧米には、脈々と多面体研究の伝統があると聞いている。ヤムンツェルさんもそのひとりなのだろう。オイラー(1707-1783)よりも、デカルト(1596-1620)よりも前に、ヤムンツェルは、証明はしなかったかもしれないが、オイラーの多面体定理に気がついていたのではないだろうか、なんてことも思った。図版上にVとあるので、I - IVも見てみたい。多面体を囲んでる円が、一筆書きのようになっているのも面白い。
 そして折紙者は、図・左中の多面体に「薗部ユニット90枚組」を見るはずだ。

 この本自体は、ぱらぱらめくっているだけだが、高橋士郎氏による「ムカルナス-空虚の装飾」という論文が面白い。ムカルナスというのは、今回初めて知ったが、イスラム建築の鍾乳石状装飾のことである。以前、代々木の東京ジャーミイ(写真右:礼拝堂扉、礼拝堂階段横)を見学させてもらったさいにも感嘆したが、イスラム建築の幾何的形象には、ほんとうに圧倒される。
 伊藤俊治氏の「ディープ・コスモロジー 宇宙からのイメージ」にあったOURSプロジェクトの話も興味深かった。彫刻作品を折り畳んで宇宙に運び、軌道上で展開する、といった計画である。
 物としての本自体も面白い。糸綴じで、ページを開いたままで置けるつくりになっている。こうした本は、料理の本、そして、綾取りや折り紙の本に相応しい。しかし、この本の場合はそれだけではなく、カバーを外すと、背表紙がない(糸綴じの部分が見える)という際立った特徴があるのだ。ほかで1度だけ見たことがあるが、この本と同様、永原康史氏の装丁だったのかもしれない。

コメント

_ minet ― 2008/11/09 22:15

メビウスの輪も私の好みです。とても興味深く拝見しました。確かに表裏のない二つの円錐が生まれます。この構造で何かができそうな予感がします。
話は横道にそれますが、作家・戸村浩さんの「基本形態の構造」(1974年発行)の本に掲載されたメビウス・ジャケットを思い出しました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策:このブログの作者は?(漢字。姓名の間に空白なし)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://origami.asablo.jp/blog/2008/10/29/3855537/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。