携帯電話2008/03/04 23:18

 折り畳みというと言葉は、一般には、折り紙ではなく、自転車、傘、椅子、携帯電話といった言葉と結びつく。わたしも、そうした折り畳みモノには興味がある。しかし、携帯電話は、ずっと折り畳み式ではないものを使ってきた。ここ最近の2機種は、ニュースで報じられたように、携帯電話から撤退することになったメーカーのものである。なぜか。
 仕事に関係する「電波望遠鏡」に使う高精度のパラボラアンテナは、みなこのメーカー製で、携帯電話も同じ敷地の工場で造っているらしいのだが、別にそれに義理をたてたわけではない。フリップ式やスライド式によるコンパクトさという独自性に魅かれた、ということは言える。しかし、真の理由はたぶん違う。
 2年ぐらい前まで、阪神甲子園球場のスコアボードの下部に「携帯は三菱電機」という広告があった。上記の工場は尼崎にあり、当のスコアボードも同社製である。つまり、トラキチとして、毎試合毎試合タイガースのゲームを観てきた刷り込みが、わたしのメーカー選択の理由なのではないか、ということである。
 上記のように、少し前から、広告は単に社名だけになっているので、そのころから、携帯電話事業撤退の計画はあったのかもしれない。
 なお、阪神甲子園球場には、マルチ商法の疑いの濃い企業の広告もあったはずだ。さいわい、それにはだまされていないが、阪神タイガースにはよくだまされている。

点線と実線2008/03/04 23:36

国税庁のチラシ
 確定申告を報せる国税庁のチラシは、切って貼ると、申告提出用の封筒ができるようになっている。興味深いのは、点線(破線)がキリトリ線で実線が折り目(山折り)になっていることだ。山折り・谷折りと点線・鎖線の対応は、折り紙と雑誌付録などのペーパークラフトで逆になっていることが多いのは、知るひとぞ知るところだが、点線・鎖線が折り目で実線が切り込みというのは変わらない。折り目と切り込みを区別する図で、実線が折り目を示す記号というのは珍しいはずだ。
 このチラシのデザイナーは、チケットなどにあるキリトリ線のミシン目から連想して、点線にしたのかもしれない、などと想像した。

日本応用数理学会とペンローズタイル2008/03/09 21:13

ペンローズタイルによる東京都
 折紙工学部会があるとの情報を得たので、日本応用数理学会に行ってきた。
 研究に「折り紙」というキーワードを持っている研究者と話をするのは、それだけでもよい機会だが、はからずも収穫だったのは、同会のプログラムにあった、小島定吉氏の「ポアンカレ予想について」という講演である。昨年の秋に放送された『NHKスペシャル 100年の難問はなぜ解けたのか ~天才数学者 失踪の謎~』も印象深い番組だったが、先端数学に関する一般向けの講演が聞けたというのは、うれしいプレゼントだった。高次元より3次元や4次元あたりが一番難しい(傾向がある)という話は、修辞的に使いたくなってしまう話だなあ。
 写真は、会とは関係はなく、会場の首都大学東京(旧 東京都立大学)にある、ペンローズタイル(非周期的タイル)で描いた東京都という、知るひとぞ知る装飾である。
 なお、折り紙の工学的応用に関する話題は、今月末にNHK教育のサイエンスZEROでとりあげられるとのことだ。

『本格折り紙』図のミス42008/03/11 20:03

『本格折り紙』図のミス4
138ページ「カブトムシ」13図、14図、中央の花弁折りは、下の部分にわずかに裏が出るのが正しい図です。

TV チャンピオン22008/03/14 00:45

TV チャンピオン2を鑑賞。TVというメディアは、とにかくキャラクターを強調するので、出場者本人はそれぞれ、不本意なところもあるかなと思いつつ、折紙新世代のみんな、ふだんからあんな感じのところがなくもないような。
神谷チャンピオンは、シンプルさと作り込みの使い分けがうまいなあ。

丸石神その142008/03/18 01:16

中富の丸石神
 先週、山梨から東京に帰る途中、時間が空いたので、身延方面(富士山西部)に足を延ばして、増穂町にある明治初期の擬洋風建築の校舎と、身延町の「なかとみ和紙の里」に寄った。
 「なかとみ和紙の里」のショップ「紙屋なかとみ」は、ちょっとほかにない充実した和紙の品揃えの店だった。
 そして、同所の駐車場の脇で丸石神を発見! きわめて新しいものだが、台座にはすこし古色があった。割れてしまったなどで補充したのかもしれない。いずれにせよ、丸石神のあっけらかんとしたたたずまいは、やっぱりアートである。

『折り紙のヘラジカ』2008/03/24 22:48

 小松英夫さんのブログ『fold/unfold』経由、『本は好きだけど読書は嫌いな咎人の記録』で、『道化の町』(ジェームス・パウエル著  森英俊編、白須清美他訳)に、『折り紙のヘラジカ』(白須清美訳)なる短編があることを知って、読んだ。
 夜明けまでに生き残ったひとりに遺産を与えるというとんでもない遺言のもと、屋敷に集まった5人の相続人。合わせて呼ばれた、カナダ騎馬警察・メイナード・ブロック巡査部長代理は、5人を一カ所に集め、場を持たせるために折り紙を始める。「一ドル札で人が殺せると知っていますか?」と言って、ドル紙幣を折り、「これが折り紙のヘラジカです。一撃で人間の喉を切り裂くことができます」と自慢する。なんじゃそりゃ。なお、ブロック巡査部長代理の世界では、折り紙はエスキモー伝統のワザである。
 そして、その夜、ブロック巡査部長代理は、不意を襲われドアにホッチキス留め(!)にされたまま、「パパが殺されている」「そばに血まみれの一ドル札が落ちてたの!」という声を聞くことになるのであった…。
 この著者の作品は初読だったが、日本の作家でいうと 霞流一さんなどの、いわゆるバカミス(バカバカしいミステリ:ほめ言葉)だ。読者によっては、呆れるだけということになる小説だろうが、わたしは嫌いじゃない。なお、『折り紙のヘラジカ(The Origami Moose)』の初出は1986年とのこと。

丸石神その15ー『神に頼って走れ』2008/03/31 20:01

この街道には丸い石で作られた道祖神がそこかしこにある。
 『神に頼って走れ!―自転車爆走日本南下旅日記』(高野秀行著)に、丸石神がでてきた。上記の「この街道」というのは、山梨県身延あたりの話である。なにせ『神に頼って走れ』なるエッセイなので、ほかにも神仏が登場するが、浜松近辺の「地の神」という石の神様が気になった。まったく知らなかった民俗信仰なのだが、地元のひとによると「この辺の家にはどこにでもある」らしい。
 この本は、『怪魚ウモッカ格闘記―インドへの道』への続編で、辺境探検作家・高野さんが、謎の生物ウモッカ探索に関する、「ある」願をかけながら自転車旅行をした記録である。
 わたしも二十代に自転車で日本中を旅していたので、共感たっぷりに読んだ。当時のわたしは、泊まりはほとんど野宿で、なにかを巡るという目的もなく、旅の大半では学生というモラトリアム(猶予期間)の身分もなかった。気分としては、「家はなく、誰にも知られず、転がる石みたいな」(ボブ・ディラン)である。心機一転と称して、当時の日記を廃棄してしまったのは、いま考えると、ちょっと惜しい。

折鶴模様の袴2008/03/31 20:04

 先週、狂言・『盆山』と『唐人相撲』を観てきた。野村萬斎演ずるところの相撲取りの袴の模様が折鶴であることに、「おおっ、折鶴だ!」という特殊な喜びかたをした。袴そのものがネタになる万作・萬斎の『二人袴』のときも、折鶴の模様だった。狂言和泉流三宅派野村万作家は、折鶴柄になにかいわれがあるのだろうか?
 なんて書くと、芝居通、狂言通みたいだが、数回しか観たことはない。

今度は渋谷だ2008/03/31 20:05

渋谷のオープンセット
 先日まで、新橋・銀座のセットがあった味の素スタジアム隣りの空き地に、破壊された渋谷が出現した。崩れ落ちたSHIBUYA109、ビルの壁を突き破る銀座線(?)など、かなりの惨状である。映画の題名はわからない。
 あらかじめつくってあったものも多いようだっだが、ここまで出来上がるのにわずか2週間ほど。素材はベニヤ板と発泡スチロールがほとんどである。

 (オープンセットは、渋谷ではなく「渋山」だった。映画は、どうやら、実写版の『ヤッターマン』らしい。(4/3))